エルマガmook<br> 歩いてめぐる大阪本―週末、おとなのいい店、えぇとこ大案内。

個数:1
紙書籍版価格 ¥825
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

エルマガmook
歩いてめぐる大阪本―週末、おとなのいい店、えぇとこ大案内。

  • 著者名:京阪神エルマガジン社
  • 価格 ¥660(本体¥600)
  • 京阪神エルマガジン社(2019/10発売)
  • 梅雨を楽しむ!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン (~5/29)
  • ポイント 180pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784874354711

ファイル: /

内容説明

食文化なら、だしや大阪料理。名建築を川が取り巻くランドスケープも筋金入りで、文楽や落語など文化的下地もしっかり。ベタやコテコテだけじゃない、実はしっかりあります大阪のいい店、えぇとこ、うまいもん。それを“週末、歩いてめぐる”新提案でご案内! 多彩な案内人とめぐる「気持ちのいい大阪ツアーズ」、新旧の大阪らしさがまるわかりの「大阪でいま、やるべきことリスト」ほか、週末すぐに使える、新しいおとなの大阪ガイドです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ねむねむあくび♪

51
面白かったが、この前購入したおやつ散歩の本と重複する内容多し…(˘•ω•˘)切り口がちがうなら、中身も変えてくれぃ。書店員さんが選ぶ大阪本は、面白い企画だが、雑誌っぽい。ここまで頁を割くより、歩いてめぐる頁のほうに力を入れて欲しかったな。2015/06/22

コットン

43
本屋さん情報があったので購入♪2015/08/13

三平

10
いわゆる大阪の街ガイドムック。大阪にまつわる本の特集目当てに購入(特集の頁数が少なくてちょっとがっかり)。大阪のこだわり本屋さんたちオススメの作家さんを紹介するページがよかった。僕も敬愛する宮本常一を始め、富士正晴、織田作之助、岩阪恵子、柴崎有香、山崎豊子がピックアップされていた。初めて知る作家さんの名前も。おばあちゃんが集まる町「石切」や大阪を代表する商店街がある「千林」を舞台にした小説があるらしいので興味津々。知っているようで知らなかった町の一面が見れるかな。2015/07/02

太鼓

7
前に大阪に行ったとき、ある居酒屋に入ったんだ。そこの大将と話になったんだけど、「大阪で観光するとなるとどこがいいですか?」ってたずねたら、「大阪はあんま見るとこないよ。だいたい京都とか奈良とか行きますよね~」なんて言われたんだ。この本読んだのでもう一回大阪に行きたいです。2015/09/16

omarukane

2
大阪旅行対策に買いました。特に淀屋橋~北浜~本町の古い建築物の街歩きは、とても解りやすく、大変役に立ちました。お勧めのお土産もいくつか買いましたがどれも美味しかったです。とくに菊寿堂義信の梅干しは、騙し菓子なのですが、本物の杉の樽に入っていて正に梅干しみたいな見た目です。肝心のお菓子は、上品な和菓子で大好評でした。最新の大阪の情報で特に一味違った情報が欲しい方にはお勧めです。2015/09/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9777860

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。