暗黒のスキャンダル国家

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,815
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

暗黒のスキャンダル国家

  • 著者名:青木理【著】
  • 価格 ¥1,815(本体¥1,650)
  • 河出書房新社(2019/10発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 480pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784309249094

ファイル: /

内容説明

自身の「噂の真相」での匿名ライター時代の経験をふまえて、社会と報道の問題を問い、いまこそ戦うジャーナリズムとは何かをさぐる。最も注目されるジャーナリストによる渾身の力編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Lara

96
青木理氏が、新聞、週刊誌、月刊誌等に寄稿したコラムを中心に集めたもの。2017年から2019年頃。当時の首相が交代した今、既に「過去」になった感のある案件、どれ一つ解決していない。当時の首相自らが言い逃れ、大臣が、官僚が、政権与党が、こぞって忖度して、援護している。どこまでも、日本国を、その法体系を、司法体系を、国そのものを、おとしめている。このままで良い訳がない。2021/09/15

たらお

17
サンデーモーニングでおなじみのコメンテーター。政権の筋の通らないところを正論でもの申す。ともすれば日々のニュースで流されがちになるところを、もう一度考えるきっかけを与えてくれたり、ジャーナリズムの在り方を自戒も込めて語ったりしてくれる。公文書の改竄、破棄は言うまでもなく民主主義国家で為されることではないし、議論の内容も文書に残さないのであれば、後世の人々はどのような経緯で物事が決まっていったのかも分からず、責任の所在も分からぬままになってしまう。メディアが政治にいいように使われるようではいけない。2021/10/31

カープ坊や

15
ここ数年の青木さんによる時評をまとめた一冊。   どの時評、コラムを読んでも「そうだ!そうだ!」と、思わず膝を打ってしまう。 2020/01/20

MK

10
ジャーナリストの著者が2016年の4月から2019年の7月までに さまざまな雑誌や新聞に書いたコラムをまとめた時評集。第1章は書き下ろしになっている。 著者の文章は、「本当にそのとおり」と同意するものばかりだった。著者の危機感が強く伝わってくるし、僕も強い危機感をもっている。 本当に安倍政権によっていろいろなものが壊れてしまった。 それにしても、とっくに終わっていなきゃいけない政権がいまだに続いていることは、暗澹たる気持ちになる。 おかしなことに「おかしい」と国民が声を上げ続けていくことが必要だと思う。2020/03/21

まゆまゆ

9
筆者が過去に寄稿したコラムをまとめた内容が中心の内容。沖縄問題や森友問題といった、ときの政治を賑わせていた中身が主だが、改めて読んでみると今もまだほぼ解決していないことにただ驚くばかり。週刊誌は功罪あるも、今や世論をも作り出してしまうまでになったが、その歴史を紹介した箇所は興味深い。1枚の写真の力の恐ろしさを感じるなぁ。2020/09/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13869802

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。