美少女文庫<br> 召喚ジャンヌ戦記 聖女、女傭兵、魔女、女王

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

美少女文庫
召喚ジャンヌ戦記 聖女、女傭兵、魔女、女王

  • 著者名:鷹羽シン【著者】/ブッチャーU【イラスト】
  • 価格 ¥792(本体¥720)
  • 美少女文庫(2019/09発売)
  • ブラックフライデーの週末!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 210pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784829664728

ファイル: /

内容説明

(ああ、神よ。貴方は私をお見捨てになられたのですか?) 穢れなき唇の奥まで熱い肉塊を突き込まれ、ジャンヌが嘆く。 マルスによってこの世界へ英雄召喚された聖女。新たな使命は、女王ヴィクトリアに侵略されるオルレアナ王国を解放すること。 そのためには召喚したマルスから精を注がれ、魔力を維持するしかないのだが……。 口内にザーメンを注がれ、守り続けた純潔を愛らしい王子に貫かれて、「私のすべてを、染め抜いてくださいッ!」 破瓜の鮮烈な衝撃を吹き飛ばす灼熱の奔流。 絶頂のたびに与えられるこの力で、もう一度、私は戦場に立ち、この国を守る! 女傭兵アレキ、魔女アスモ――強敵を倒し、そのムチムチの女体をマルスとのHに夢中にさせて、残す敵は女王ヴィクトリア!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しまふくろう

13
表紙が可愛くて購入。挿絵はえっちだった。 物語は国が亡ぶ寸前の王子が召喚した聖女と共に戦う話。女性陣の出堕ちっぷりが早すぎたり、傭兵や魔女の出て来ただけ感が凄くて妙に笑えた。 タイトルに戦記とあるが、えっちが8で説明が1、戦いが1ぐらいな印象。ジャンル的には正しいんだけれど、ちょっと物足りない感じもする。2019/07/27

nishiyan

8
女王ヴィクトリア率いる隣国の侵略を受け、滅亡の危機に瀕する亡国の王子マルスが聖女ジャンヌ・ダルクを召喚し、救国の戦いへと赴く戦記もの。女傭兵アレキ、魔女アスモといった強敵をジャンヌの力を借りながら、マルスの持つショタと精力で打倒し味方にしていく。ラストはヴィクトリアとの対決。情交シーンは鷹羽先生らしくて擬音の連発とともにねちっこい。おねショタ戦記と銘打っているが、あまりおねショタ感はなく、きっと女性キャラが全員処女だからかもしれない。マルスの伽をする年上メイドでもいて、彼を性的に鍛えていたらよかったかも。2019/07/31

えすてい

6
ジャンヌダルクを召喚させるも、何かドラマチックな展開や英雄物語があるわけではない。正直、期待外れ。女王ヴィクトリアも何だかねぇ・・。2019/07/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13996073

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。