岩波新書<br> 孔子

個数:1
紙書籍版価格 ¥858
  • Kinoppy
  • Reader

岩波新書
孔子

  • 著者名:貝塚茂樹
  • 価格 ¥858(本体¥780)
  • 岩波書店(2019/09発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784004130444

ファイル: /

内容説明

孔子の言葉を書き残した論語は、二千数百年たった今も多くの人びとに読みつがれている。なぜ、こんなにも広くかつ長く読まれたのだろうか。春秋末期の都市国家から領土国家への推移と孔子の思想的発展を照応させながら、古代アジアが生み出した「偉大な啓蒙家」――学者、思想家、教師および政治家としての孔子の全貌を再現する。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

壱萬弐仟縁冊

14
人生の唯一最高の目標である仁は一生の一大事。仁の本質は学問の秘儀をなすもの(6頁)。孔子は背が高かった(59頁)。仁とは人間の自覚、優れた意味で社会的人間の自覚をさした(108頁)。孔子は未来のことを考えるようになった(193頁~)。仁というものと未来は、今後の日本においても重要になる。社会的人間として行動するのだが、放射能汚染が立ちはだかり、健康被害もまた深刻である。思いやりとも思えるが、未来世代の健康被害が懸念される。どのように仁を実践していくか。課題が多い昨今であろう。2013/08/15

みのくま

9
1951年刊行の古い本だが、春秋時代末期の孔子登場前夜の社会情勢がよくわかる。特に子産が孔子に及ぼした影響は興味深い。中国で初めて法治主義を行なった子産を孔子は評価しているわけだが、孔子は反法治である徳治主義を主張している。本書によると、子産の持つある種の合理主義が孔子に継承されたとするわけだが、果たしてそれはどこまで信じる事ができるだろうか。本書は一貫して孔子を政治から宗教を切り離した人物として描かれているのだが、白川静の主張とは大いに異なる。本書では孔子は寡頭制を打倒し君主制を理想とする政治家である。2021/08/05

スズツキ

4
岩波青版らしい重厚な内容。これは中国の歴史についてかなり把握してないと骨が折れる。2016/10/17

sk

2
碩学による名著。2013/08/28

takeru

2
孔子の生い立ちや当時の時代背景、加えて統治制度や天などの話にも軽く触れているため、分かりやすくためになる知識が書かれています。島田氏の著作である、『朱子学と陽明学』などと併せて読むと更に面白いと思います。2010/06/29

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/104037

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。