生き物の死にざま

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy

生き物の死にざま

  • 著者名:稲垣栄洋
  • 価格 ¥825(本体¥750)
  • 草思社(2019/09発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784794224064

ファイル: /

内容説明

すべては「命のバトン」をつなぐために──
子に身を捧げる、交尾で力尽きる、仲間の死に涙する……
限られた命を懸命に生きる姿が胸を打つエッセイ!
生きものたちは、晩年をどう生き、どのようにこの世を去るのだろう──
老体に鞭打って花の蜜を集めるミツバチ、地面に仰向けになり空を見ることなく死んでいくセミ、成虫としては1時間しか生きられないカゲロウ……
生きものたちの奮闘と哀切を描く珠玉の29話。
生きものイラスト30点以上収載。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hit4papa

261
生き物の死にゆく姿を生物学的に解説したエッセイです。身近なのから初めて名を聞くものまで、29種の生き物の最期を、著者が詩的に謳いあげています。生き物が命をつなぐという一点において、進化を重ねているのだと再認識しました。本書は、トリビア感が満載で知識欲を搔き立ててくれます。それぞれの生き物たちへ向けた著者の結びの言葉が、切ないほどの感動を呼び起こします。生き物たちの最期はドラマチックなのです。子をなし次への世代につなぐ事が、本来の生き物の使命なのであれば、人間が一番それを蔑ろにしているのかもしれませんね。2020/06/20

kinkin

228
29種類の昆虫や魚、哺乳類などの死にざまについて書かれている。個人的には死にざまという言葉は大嫌いだがここに挙げられている生き物たちの壮絶な死を読むとそんな言葉もありかなと感じた。長い歴史の中でプログラムされた遺伝子に基づいて死を繰り返す生き物たちの死は読んでいて切なく感じた。人と人が殺し合ったりする人間という動物の愚かさも同時に考えてしまう。その人間は自分たちだけに限らず他の動物は当たり前のように傷めつけ殺す。読みやすい本だ。おすすめ。図書館本2019/10/27

Nao Funasoko

226
様々な生き物の生と死。生と死の間にある生殖という行為。これらを時には文学者のようにロマンチックに、時には自然科学者としてのリアリズムを持って語られる。 そして、どの生物のエピソードを読んでも「では、人間は?」とちょっと哲学的に考えさせられたりもして。 大人な夏休みに相応しいリラックスして読める一冊だった。2019/08/16

Apple

205
動物たちは、生きるために生きるのだ、あるいは子孫を残すために命を尽くすのだ、という指摘に感銘をうけました。サケやウミガメ、カマキリなど人気生物だけでなくハサミムシやシロアリ(女王アリ)、蚊についても語られており、どれも儚い感じもありつつ勉強になりました。 文中にも述べられていますが、人間も結局は多くの部分で彼らと共通していると思いました。色々と考える余地のある、すごい本でした。2021/07/07

修一郎

197
謎だと言われているゾウの最期に興味があったのでこの本を手に取りました。生殖活動と死が一本道でつながっている昆虫や魚の生態に感動してしまいます。形は様々なれど,子孫を残すこととその死にざまとがいかに密接に結びついているかが様々な生き物で描かれています。セミは死ぬ前に地面を見る時間がある…生き物の潔さが表れていますなぁ。雪虫がアブラムシの仲間だってことを初めて知りました。よかったです! 2020/04/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14090579

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。