我間乱-修羅-(8)

個数:1
紙書籍版価格 ¥495
  • Kinoppy
  • Reader

我間乱-修羅-(8)

  • 著者名:中丸洋介【著】
  • 価格 ¥462(本体¥420)
  • 講談社(2019/09発売)
  • ポイント 4pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

数多の武芸者が“最強”を求め命を懸けた伝説の武芸仕合『海原大仕合』から2年。『海原大仕合』で天下無双と謳われた千石伊織の元に徳川幕府より、戦いへの誘いが届く。敵は幕府が“最強”を決めるため選んだ武芸者たち、その名は“幕下百剣”。伊織に付き従うのは、剣に魅せられた一ノ瀬家の娘・蘭。いずれも一騎当千の強者たちを相手に、千石伊織の新たな戦いが幕を開ける!!


流刑島“阿修羅の獄”にて幕下大仕合本戦が開幕! 伊織の相手は、因縁極まる明神流の真嶋喜太郎。二年前の海原大仕合で争った、四神槍“紅抜の佐助”の兄である喜太郎は、復讐を誓い、獣のように伊織に襲いかかる!! 苛烈な攻撃を捌き、優勢に立つ伊織だったが、耳を切り落とされた喜太郎は異様な変化を遂げ、その本領を示す!!