朝日文庫<br> 12万円で世界を歩くリターンズ 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編

個数:1
紙書籍版価格
¥770
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

朝日文庫
12万円で世界を歩くリターンズ 赤道・ヒマラヤ・アメリカ・バングラデシュ編

  • 著者名:下川裕治【著者】/阿部稔哉【著者】
  • 価格 ¥740(本体¥673)
  • 朝日新聞出版(2019/08発売)
  • 梅雨空を吹き飛ばす!Kinoppy電子書籍・電子洋書全点ポイント25倍キャンペーン (~6/16)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784022619761

ファイル: /

内容説明

実質デビュー作の『12万円で世界を歩く』から約30年。あの過酷な旅、再び!? 赤道、ヒマラヤ、アメリカへ、予算12万円で過去に旅したルートをたどる。30年で、世界はどう変わったか? 変わらないものは何か? 詳細な旅費の内訳付き。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

zero1

60
30年前の旅を60代になった下川が再挑戦。LCCに乗りインドネシアの赤道を目指し、ヒマラヤで登山の真似事を。アメリカではバス乗り放題の【アメリパス】廃止と物価高で予算オーバー。バングラデシュではアパートを借りて自炊?ミヤンマーとの間で難民問題となっているロヒンギャ族の話を現実問題として見た経験は貴重。この試み、タイや中国などでの二冊目あり。コロナ騒動でどこにも行けないが、本の世界は旅した気分を味あわせてくれる。2020/03/16

piro

31
下川さんが30年前に12万円の予算で旅した場所を再訪する企画。インドネシア赤道越え、ヒマラヤ、アメリカ一周と前回は無かったバングラデシュの村で暮らした様子が収められています。LCCの台頭でアジアの旅は安くなった一方、アメリカではバス網の衰退、物価上昇により同じ様な旅ができなくなった点が興味深かったです。アメリカの旅はひたすらバスに乗り続ける過酷さで、街の様子も殆どわからないw。そこは下川さんの旅なので…。バングラデシュの小さな村での生活は、豊かさというものが何なのかという事を改めて考えてしまうものでした。2020/07/19

Minamihama

19
やはり下川さんの物の見方はすばらしい。 2023/02/01

DEE

14
30年前に雑誌の企画で連載されていた「12万円で世界を歩く」を可能な限りなぞる旅。60を超えた著者が何日もバスに乗りアメリカを一周したり、ヒマラヤにトレッキングに出掛けたりと、そのパワーに圧倒される。 まぁ、かなり大変で心も体もボロボロになったようだけど… 沢木耕太郎が対談で旅はなぞっても同じ事を感じられるわけではないというようなことを言っていて、自分も確かにそうだと思うけど、人の数だけ旅の数があってもいい気はする。2020/07/16

Eriko M

12
30年前に12万円でたどったルートを再度12万円で辿ろうという旅エッセイ。 30年間でLCCが出て来て、コスト的には安くなったのに敢えて昔のルートにこだわり、なるべくバスで旅する著者。そこ以外はコスト重視なので、無駄な観光もなく、さくさく進んでしまう。中でも敢えてアメリカをバスで一周する旅が印象的。自分はやりたくないけれど… ★★★☆☆2019/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13929778
  • ご注意事項