これだけは知っておきたい「原価」のしくみと上手な下げ方改訂版

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

これだけは知っておきたい「原価」のしくみと上手な下げ方改訂版

  • 著者名:久保豊子
  • 価格 ¥1,188(本体¥1,100)
  • フォレスト出版(2019/08発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 275pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

■15年間売れ続ける定番ロングセラーの最新改訂版!

本書は、読者のみなさまの厚い支持をいただき
ビジネスマンにとっての定番ロングセラーとなった
『これだけは知っておきたい「原価」のしくみと上手な下げ方』の最新版です。

日本では近年、物価上昇率が上がらない状況が続いています。
日銀が掲げた物価上昇率の目標も、
長い期間にわたって達成されませんでした。
その背景には、根強い消費者の節約志向があるといわれています。

このような状況で
商品やサービスの価格を上げることはむずかしいので、
企業にとってはより一層の原価管理が重要です。

逆にコストダウンができれば、価格は据置きのまま、
企業の利益を増やすことだってできます。

ましてやこの先、日本では増税の傾向が続くことでしょう。
増税分を価格に転嫁できれば簡単ですが、
消費者の節約志向を考えると簡単には踏み切れません。
そのとき力を発揮するのが、しっかりした原価管理と上手なコストダウンです。

■原価を知らずにこれからのビジネスは考えられない!
こうしたことを考えても今の日本において、
原価のしくみを知るのはビジネスの常識といっていいでしょう。

「原価とは何なのか?」
「何が含まれているのか?」
「どのように計算して、そこからどうコストダウンするか?」

それらを知らずには、これからの時代のビジネスは考えられません。

この本を読むことで、原価のしくみをしっかり理解し、
原価計算……とまではいかなくても、
ビジネスマンとして日常のコストダウンに
生かせる知識が身につけられます。

この本は2004年に刊行され、
6刷を重ねた定番ベストセラーに
最新の情報を加えて加筆修正したものです。
全体の構成と表現を、わかりやすく整理してあります。
新しい原価計算については、新たなページを設けて説明を加えました。


■目次
プロローグ 「原価」のしくみを知るのは仕事の常識です!
第1章 そもそも「原価」とは何だろう
第2章 「原価」はどうやって計算するの?
第3章 それでは「原価」の中身を見てみよう
第4章 正しい「原価」と利益の計算方法
第5章 「原価」のしくみを知るとコストダウンできる
エピローグ あなたの業界の「原価」を見てみよう