テレビの国から

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

テレビの国から

  • 著者名:倉本聰【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 産経新聞出版(2019/08発売)
  • シルバーウィーク後半!Kinoppy電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~9/26)
  • ポイント 390pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784819113700

ファイル: /

内容説明

最新作『やすらぎの刻~道』から、代表作『北の国から』『前略おふくろ様』まで――。
ドラマ界の巨匠が、テレビの裏側をすべて語りつくした最新刊!
「やすらぎ世代」にも目に優しい、大きな活字で読みやすくしました。
シナリオライターを目指す若い人たちにとっても必読の書です。

《おもな内容》
第一章 昭和から平成、令和をつなぐ物語
――「やすらぎの郷」「やすらぎの刻~道」
第二章 戦後日本を総括する物語
――「北の国から」
第三章 東京を離れて見えた物語
――「6羽のかもめ」「前略おふくろ様」「りんりんと」「幻の町」「うちのホンカン」「浮浪雲」
第四章 富良野がつないだ物語
――「昨日、悲別で」「ライスカレー」「風のガーデン」
第五章 若き日の物語
――「文五捕物絵図」「わが青春のとき」「君は海を見たか」「玩具の神様」
第六章 これからの人に贈る物語

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

drago @藤井聡太くん応援中。

30
テレビドラマに纏わるエッセイ集。 ◆ドラマは作るものではなく、「創る」もの。 ◆私の大好きな『北の国から』は、倉本聰氏や五郎こと田中邦衛さんは続けたかったようだが、杉田成道監督や純こと吉岡秀隆さんが飽きた(嫌がった)ようだ。小説でもいいから、続きを書いて欲しいなぁ…。 ◆『北の国から』関連のエッセイは50ページ弱。そこをもう少し読みたかった。 ☆☆☆2021/08/21

よし

3
テレビドラマの名作を書き続けた作家なのに、「僕はテレビにずっと反発してきたという。そんな反逆心があるからこそ、「北の国から」「前略おふくろ様」などの骨太の凄い作品が生まれたのだろう。作品にまつわるエピソードや役者たちの裏話も興味深かった。70年以前のドラマ作品が著作権や保管の関係から見られないわけは、痛ましい限り。2020/12/10

父子雀

2
『北の国から』『前略おふくろ様』好きだった懐かしいドラマの裏話の数々。興味深い。シナリオライターの大家が何人もいたあの時代。倉本聰は、山田太一や向田邦子を、こんなふうに見ていたんだ。

2
テレビ局が変わらない変われないのなら、もはやかつてのような良質のドラマは望むべくもないのかな。2019/08/25

Kakizaki45

1
真っ当な倉本さんの言葉に頷きつつ読了しましたが、もはや真っ当な事が当たり前の事ではないのですね。子供の頃に見たドラマや「北の国から」のエピソードが懐かしくうれしいです。ガッツ石松さんのハンバーガー起源話が微笑ましいす。2019/10/19

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14136164

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。