絵で見てわかる量子コンピュータの仕組み

個数:1
紙書籍版価格 ¥2,838
  • Kinoppy

絵で見てわかる量子コンピュータの仕組み

  • 著者名:宇津木健【著】
  • 価格 ¥2,838(本体¥2,580)
  • 翔泳社(2019/08発売)
  • ポイント 25pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784798157467

ファイル: /

内容説明

量子コンピュータの仕組みがイラストでわかる

量子コンピュータはこれまでのコンピュータでは解くことができなかった問題を解くことができる可能性を秘めており、実用化に向けて期待が高まっています。

一方で、量子コンピュータが計算する仕組みは、これまでのコンピュータとは大きく異なり、その理解には量子力学の基本的な考え方が不可欠なため一般の人には敷居が高いと考えられていました。また、ニュースなどでは量子コンピュータの正しい姿が伝えられていない部分もあります。

本書では、量子コンピュータが注目された経緯から説明し、量子コンピュータを理解する基礎となる量子ビット、量子ゲート、量子回路、量子アルゴリズムなどを、イラストを使用しながらわかりやすく解説をしていきます。また、各方式の量子コンピュータの仕組みを解説し、情報に流されないしっかりとした知識が身に付く構成になっています。量子コンピュータの仕組みがわからず開発のイメージがわかない方や、最先端の技術を一早く追いかけていきたい方、これから量子コンピュータの勉強をはじめようとしている方にオススメの1冊です。

【本書のポイント】
・量子コンピュータによる計算の仕組み、利点、扱う方法などがわかる
・ニュースの情報に流されないための知識が身に付く
・図解を多数交えているため、初心者にもわかりやすい

「量子ビット」を使うと、なぜ「超並列計算」ができる? 莫大な計算結果の重ね合わせ状態から、答えを1つに確定できるのはなぜ? まったく新しいしくみによって、現在のスーパーコンピュータをはるかに凌ぐ力を発揮する量子コンピュータ。研究の最先端にいる著者が従来のコンピュータの仕組みと対比させながらその基礎と実現にむけた試みを平易に解説。

※本電子書籍は同名出版物を底本として作成しました。記載内容は印刷出版当時のものです。
※印刷出版再現のため電子書籍としては不要な情報を含んでいる場合があります。
※印刷出版とは異なる表記・表現の場合があります。予めご了承ください。
※プレビューにてお手持ちの電子端末での表示状態をご確認の上、商品をお買い求めください。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんすけ

9
時間を無駄に使ってしまった。いったい誰を対象にして書かれているのだろうか。 この本で量子コンピュータのアウトラインが把握できる人が居るとは思えない。 前提があいまいな状態で量子ビットの悦明が行われ、XゲートやHゲートなどが突然登場してその動作が語られる。 アウトラインを与えるだけなら、XゲートやHゲートなどがあるというだけで十分だったのでないだろうか。 XゲートやHゲートなどを多少でもかじってもうもらうのが主旨なら、複素空間や確率空間の説明をしたほうがもっと実りがあったのではないだろうか。 2019/11/10

Don2

5
思いつきで量子コンピュータの勉強をしてみる事にして手にとった。学生時分に化学徒としてシュレディンガー方程式にヒイヒイ言った後、必要に迫られ物理系の講義に顔を出しスピンで撃沈した私にはちょうど良い水準の内容(8割ぐらいの用語は手持ちの知識の延長線上で、内容の1割ぐらいはウーンと唸って後で勉強するか・・・と飛ばすぐらい)だった。内容についても、技術的な内容(原理・応用)が門外漢にとって充分に導入されており、商業的な観点からもそれなりに網羅的なプレイヤーの名前と取組みがわかる。素人が全体感を掴むのに良い本。2021/08/07

りょうけん

5
<挫> 絵で見て仕組みがわかろうがなんだろうが,漁師 いや 量子コンピュータそのものが解ってない人(僕のことです)にはやはりサッパリ分からないと云うことが判った有難い 損 いや 本でした.すまぬ。m(_w_)m2019/11/26

M_Study

4
入門書のような体で書店に陳列されているかもしれないが、本書は結構難しいので知識ゼロの人には厳しい。絵が豊富だが波動に関する数学的知識を多少要求する。少し量子プログラミングに触れたあとで復習も兼ねて読む方が良いと思う。しかし、そのレベルまで行くと本書の内容は逆に軽すぎて対象読者は誰?な感じがする。最後の量子コンピュータの種類の解説は役立つ。2020/03/01

まころん

4
(まだ途中)表紙の見た目であまり期待していなかったんだけど、読み始めたらおもしろいよ!とくに古典コンピュータと比較したときの社会的意義から論じてるところがよい。〜量子ビット⇢量子ゲート⇢量子回路⇢量子アルゴリズムと進む章立ても分かりやすかったし、最終章は量子回路のハードウェアでワクワクした!古典ビットが、リレー、真空管、半導体とあったように、いまは量子ビットの黎明期なんだね2019/09/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13526077

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。