文春学藝ライブラリー<br> 昭和史発掘 特別篇

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

文春学藝ライブラリー
昭和史発掘 特別篇

  • 著者名:松本清張【著】
  • 価格 ¥1,527(本体¥1,389)
  • 文藝春秋(2019/08発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784168130823

ファイル: /

内容説明

「清張昭和史」の決定版! 軍人、政治家、官僚、財閥……
昭和の権力闘争の裏側を松本清張が語り尽くす。

松本清張が週刊文春に連載した「昭和史発掘」の記事のなかから、単行本・文庫に収録されなかった、明治から昭和初期の権力闘争のこぼれ話ともいえる幻の二篇を収録。

一編は、「穏田のラスプーチン」と呼ばれ、明治から大正にわたり宮中と政界を股にかけて暗躍した宗教家・飯野吉三郎が主人公の「政治の妖雲・恩田の行者」。 もう一編が、桂太郎の愛妾であった美人芸者お鯉(安藤てる)が、小山松吉法相の収賄を告発し、逆に偽証罪で有罪になるという「『お鯉』事件」。

明治から昭和初期にかけての政界の権力闘争にまつわるサイドストーリーともいうべきこの二編は、清張が追い続けた昭和史の暗黒のさきがけといえる事件だ。

さらに、城山三郎、五味川純平、鶴見俊輔と、戦前・戦中・戦後の権力の裏側をついて歯に衣着せず語り合った対談を収めた特別篇。

※本書は、2009年1月刊の文春新書『対談 昭和史発掘』を改題、再編集したものです。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

72
「歴史の影に女あり」と言いたくなる題材ふたつと、城山三郎、五味川純平、鶴見俊輔各氏との対談。前者は人間のお粗末さ加減を端的に表した事件、後者は読むだけで戦前戦中を生きた人々がその時代をどうとらえていたか概観できる。鶴見氏が占領軍に好意的な発言をしていたのが女性からしてみるといただけないと思ったが、戦中の軍部のやり方を思えばどっこいどっこいなのかとも感じる。2020/01/06

CTC

6
本年8月の文春学藝ライブラリー新刊。『昭和史発掘』は20話からなり、7年近く『週刊文春』に連載されたが、単行本には2本が収録されなかったという。「作家はあの二本ははずすと簡単にいった」と現清張記念館館長であり、当時の編集担当が経緯を記している。気軽で手法が他の18話と違うからすぐ納得したという。本書はこの、とっても魅力的な2本と、城山三郎・五味川純平・鶴見俊輔の三氏との対談を収録しているのだが…どうも何処かで読んだような…09年刊の文春新書『対談 昭和史発掘』の改題・再編集、だそうです。ご注意下さい。2019/11/16

くりたろう

0
昭和史発掘スピンアウト  2話掲載、対談3編掲載2019/09/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14023046

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。