集英社コバルト文庫<br> アルカトラズの聖夜 妄想少女と無口な少佐

個数:1
紙書籍版価格 ¥565
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
アルカトラズの聖夜 妄想少女と無口な少佐

  • ISBN:9784086012416

ファイル: /

内容説明

ここは、海に浮かぶ小島が丸ごと敷地という奇妙な学校。美形フェチの漫研部員・宮古と高校生らしからぬ風貌を持つ多聞は、風変わりな友情を築いていた。そんな二人に舞い降りた、聖夜のハプニングとは…☆(表題作)/多聞のもとに、謎の超絶美少女が訪ねてきた! 意味深な二人の様子が、宮古は気になって仕方がなくって…?(妄想少女と美しき来訪者) ノベル大賞読者大賞受賞作家、デビュー!! 【目次】アルカトラズの聖夜 妄想少女と無口な少佐/アルカトラズの聖夜 妄想少女と美しき来訪者/あとがき

目次

アルカトラズの聖夜 妄想少女と無口な少佐
アルカトラズの聖夜 妄想少女と美しき来訪者
あとがき

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

でんか

7
蔵書整理で再読中。この作者さんの本は大体好きだ。短編2作、ちょっとミステリ仕立て。学園物です。一話目で、なんとなくいい雰囲気になるふたり、二話目で、ヒーロー・多聞のお家事情も分かってきて、ちょっと嵐の予感、というところで終わってます。中途半端な終わりといえばそうなのですが、そこまで尻切れトンボ感はなく上手くこの本でまとまっていると思う。ヒロインはほんわりしているので、多聞の年の割に老成している苦労人ぽいキャラがいいコンビ。2017/11/07

りう@ハンドメイド製作中♪

6
妄想女子と「少佐」の異名を持つ無口な少年との学園物恋愛小説。だと思ったが、恋愛物は1話がメインで2話はほぼ冒険物だった。でも、これはこれでイイね。2014/07/04

妾狂い めいとく

1
ヒロインと相手役が好きです。楽しめました。2014/09/15

まりい

1
最近の少女小説では珍しい現代学園もの。宮古と多聞のほのぼのとした関係がほほえましかったです。ただ、あまりクリスマスっぽいお話ではなかったところは望んでいたものと少し違って残念でした。第一話は恋愛ものなのに二話目は冒険(というか宝探し?)メインになってしまっていたところも、物足りなさを感じました。2012/12/18

miho

1
物語が2つ入っていて、2作目のほうが好きだったかな。島全土が高校という設定は初めてだったので、こういう設定は面白いかも。主人公の宮古の趣味からくる行動には、ちょっと戸惑ってしまいました・・・。元気いっぱいで、いいこだとは思うんだけど。カオル、いいキャラしてるなぁ。1番好きかも。2012/07/28

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/461960

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。