ブラジル黒人運動とアフリカ ブラック・ディアスポラが - 父祖の地に向けてきたまなざし

個数:1
紙書籍版価格 ¥5,500
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

ブラジル黒人運動とアフリカ ブラック・ディアスポラが - 父祖の地に向けてきたまなざし

  • 著者名:矢澤達宏【著】
  • 価格 ¥5,500(本体¥5,000)
  • 慶應義塾大学出版会(2019/07発売)
  • 新生活応援!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン!(~3/29)
  • ポイント 1,500pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

アフリカをめぐる「黒人大国」のジレンマ
米州最大の黒人人口を擁するブラジル。
黒人たちは逆境との闘いのなかで父祖の地アフリカをどう位置づけてきたのか?アフリカに活路や着想を求める肯定的姿勢と、敬遠し封印しようとする否定的態度との交錯は、時代の移り変わりのみならず、ブラジル固有の状況の反映でもあった。19世紀~1970年代のブラジルで黒人がみせてきた行動・言論・思想の断面から、「黒人大国」の抱えるジレンマを読み解く意欲作。