フォーカス戦略―「選択と集中」で収益力を高める7つのステップ

個数:1
紙書籍版価格 ¥3,300
  • Kinoppy
  • Reader

フォーカス戦略―「選択と集中」で収益力を高める7つのステップ


ファイル: /

内容説明

5年足らずで売り上げ4倍増
「オレオ」はどうやって化けたのか?

クラフトフーズ、ユニリーバ、フォンテラなどの成功事例に学ぶ
「絞り込み」により成長の好循環を生み出す方法

「少ないことを、大きく、大胆に(Fewer,Bigger,Bolder)」

「7つのフォーカス」に従って、リソースを優先分野に重点配分し、
業務を簡素化し、社員の潜在力を解き放つことで
成長の好循環が生まれるだろう。

【7つのフォーカス】
 1.発見:成長の源泉を探す
 2.戦略:賭ける領域を決める
 3.奮起:社員をやる気にさせる
 4.人材:可能性を発揮させる
 5.実行:単純化し権限を委譲する
 6.組織:調整し協働する
 7.指標:進捗を測定し共有する


☆フィリップ・コトラー推薦!☆
「著者のモハンバー・ソーニーとサンジェイ・コスラはビジネスの通説に挑戦し、
企業を持続的な高収益・成長体質にするための意外性のある卓越したアイデアを
提案しており、本書に登場する事例は説得力に満ちている。
その知見は現行のビジネス戦略の思潮に一石を投じるものとなろう」

目次

訳者まえがき
まえがき
序 章
第1章 「もっと」という誘惑
コラム:逆さまマーケティング
複雑性に絞め殺される
複雑性を理解する
第2章 「なるべく少なく」という知恵
コラム:5本の指ルール
第3章 発見:成長の源泉を探す
インサイトの発見経路
行動の中にある発見:ハイアットホテルの例
インサイトから行動へ:発見のワークショップ
ステップ1 発見:成長の源泉を探す
第4章 戦略:賭ける領域を決める
戦略の8つのレンズ
再び、クラフトの例
ステップ2 戦略:賭ける領域を決める
第5章 奮起:社員をやる気にさせる
数を強調するスローガン
想起させるスローガン
心を動かすスローガン
高みに引き上げるスローガン
説明するスローガン
ステップ3 奮起:社員をやる気にさせる
第6章 人材:可能性を発揮させる
経営資源の傾斜配分
白紙小切手はどう成長の原動力となるか
失敗への対処
白紙小切手の管理のためのヒント
ステップ4 人材:可能性を発揮させる
第7章 実行:単純化し権限を委譲する
どうでもいいことはやるな
あらゆることを単純化する
権限委譲
小さく始め、検証、学習を経て行動を加速
モメンタムを活用したタン
中国におけるオレオの成功
ステップ5 実行:単純化し権限を委譲する
第8章 組織:調整し協働する
機会志向の組織
協働ネットワークの創出
協働ネットワークの諸原則
グローカルになる
ステップ6 組織:調整し協働する
第9章 指標:進捗を測定し共有する
ゴールに結びついた指標
バランスのとれた指標
シンプルな指標
指標をどう作るか
物語によって進捗を伝える
ステップ7:指標:進捗を測定し共有する
第10章 落とし穴に落ちないために
1.本格展開の前にきちんとモデルを作り上げる
2.優先事業から外れた取り組みをないがしろにしない
3.コストは容赦なくカットすべきだが、無鉄砲にやってはダメ
4.途中で方針を変えない
5.道が険しくなってもパニックにならない
第11章 好循環を作り出す
勝てるところに集中
効率性アップと単純化でコスト削減
製品構成の変更と生産性向上で粗利を改善
イノベーションで売り上げ増加
ブランドと顧客に投資して確実な未来を構築する