外濠の近代―水都東京の再評価

個数:
  • ポイントキャンペーン

外濠の近代―水都東京の再評価

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2020年10月27日 13時11分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ A5判/ページ数 296p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784588786105
  • NDC分類 518.8
  • Cコード C3052

内容説明

江戸城の要害としての役割を終えた外濠は、近代以降いかに変容したか。郭内と郭外、水路としての機能の有無による河岸地ごとの性格と役割の差異、法制度の変遷に伴う土地所有形態の変化を明らかにし、河岸地に生きた人々を軸に、時代と社会の水辺空間に対する意識の変容を追う。

目次

第1章 東京と外濠―水都へのアプローチ
第2章 外濠の土手空間―その管理と制度
第3章 近代河岸地の成立と展開1―堀端から河岸地へ(神楽河岸・市兵衛河岸)
第4章 近代河岸地の成立と展開2―明治生まれの水辺のまち(飯田河岸)
第5章 「御郭の土手」の変容―鉄道敷設事業と水辺空間
第6章 外濠とまち1―河岸地拝借人からみた地域の変容
第7章 外濠とまち2―濠の環境からみる山ノ手の土地と人
結章 城郭から水辺へ―地域をかたちづくる都市の水筋

著者等紹介

高道昌志[タカミチマサシ]
1984年富山県生まれ。2008年法政大学工学部建築学科卒業。2016年法政大学大学院デザイン工学研究科建築工学博士後期課程修了。博士(工学)。法政大学江戸東京研究センター研究補助員、ならびに一般社団法人千代田まちづくりプラットフォーム社員。2012年から地域活動「外濠市民塾」を運営(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

江戸城の要害としての役割を失った外濠・神田川の変容を、河岸地ごとの機能、土地所有の形態、水辺空間に対する意識とあわせて追究。近代東京において、江戸城の要害としての役割を失った外濠・神田川は、いかなる変容をとげたか。本書は、四谷御門から牛込御門を経由し水道橋に至る区間を対象に、郭内と郭外、水路としての機能の有無による河岸地ごとの性格と役割の差異、法制度とともに変わる土地所有の形態を明らかにする。また、河岸地に生きた人々を軸に、時代と社会の水辺空間に対する意識の変化も考察する。

  はじめに



第1章 東京と外濠──水都へのアプローチ

  1 江戸東京の水辺

  2 外濠の水辺空間を読む

  3 水辺研究の歩み 

  4 研究方法と本論の構成



第2章 外濠の土手空間──その管理と制度

  1 はじめに

  2 幕府による管理と土手空間の多様性

  3 都市計画のなかの外濠

  4 まとめ──近代へ引き継がれた外濠の意味



第3章 近代河岸地の成立と展開I──堀端から河岸地へ〈神楽河岸・市兵衛河岸〉

  1 はじめに

  2 河岸地の復元とその空間構造

  3 河岸地編入以降の展開

  4 まとめ──河岸地のフレームと水辺の人々



第4章 近代河岸地の成立と展開II──明治生まれの水辺のまち〈飯田河岸〉

  1 はじめに

  2 飯田河岸の復元とその形成過程

  3 河岸地の発展

  4 まとめ──土手に築かれた水辺のまち



第5章 「御郭の土手」の変容──鉄道敷設事業と水辺空間

  1 はじめに

  2 土手空間と鉄道路線決定の経緯

  3 開かれる外濠

  4 周辺住民による土手空間の改変

  5 まとめ



第6章 外濠とまちI──河岸地拝借人からみた地域の変容

  1 はじめに

  2 水路に寄り添うまち〈隣接型〉

  3 水辺を介して繋がる周辺の地〈近傍・遠隔型〉

  4 まとめ



第7章 外濠とまちII──濠の環境からみる山ノ手の土地と人

  1 はじめに

  2 土地所有の動態と地域の再編

  3 水辺のまちの土地利用

  4 まとめ



結 章 城郭から水辺へ──地域をかたちづくる都市の水筋



  初出一覧

  あとがき

高道 昌志[タカミチ マサシ]
著・文・その他