河出文庫<br> ラジオラジオラジオ!

個数:1
紙書籍版価格 ¥693
  • Kinoppy
  • Reader

河出文庫
ラジオラジオラジオ!

  • 著者名:加藤千恵【著】
  • 価格 ¥693(本体¥630)
  • 河出書房新社(2019/06発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784309416809

ファイル: /

内容説明

わたしとトモは週に一度だけ、地元のラジオ番組でパーソナリティーになる――受験を目前に、それぞれの未来がすれちがっていく二人の女子高生の友情。新内眞衣(乃木坂46)さん感動!の青春小説。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

66
特別になりたいと願い、友人とラジオ番組を自作し続ける「わたし」。女子高生としては少し幼い、自己中心的で夢ばかり見ている彼女は、しかし共感ができる人物造形ではないだろうか。誰が正しく、誰が間違っているというジャッジがまだ下されない年頃。胸が痛くなる。2019/05/11

ピロ麻呂

35
ラジオパーソナリティの女子高生を描く青春小説。高校生だと受験が近づくにつれて好きなことができなくなる。でも、勉強が全てじゃない!好きなこと、没頭できる何かがあるなら、その情熱が冷めないうちにそちらも頑張って欲しいなぁ。人生を振り返って、今の学生にそう伝えたいと思いました(^^)2019/05/22

かば

20
面白いとは思わなかったが、ゼロ年代初頭の空気感を完璧に再現しており、その手腕は評価。2019/05/12

ほっしー

19
地元ラジオ局で番組を持つ高校生の華菜と智香。ある日智香から番組を休みたいと告げられ苦悩する華菜の視点から描かれた青春小説。著者と世代も地元(北海道)も同じなので馴染みのフレーズ(aiko、びっくりドンキーなど)が出てきて懐かしい気持ちになった。メッセージが1通も来ないとかリアルな描写もあってコミュニティラジオって大変だなと思った。もう1編の『青と赤の物語』は物語が一切禁止された世界で、密かに物語に触れることで救われる男子(青)と女子(赤)の話。こんな世界が来ないようにしなければならないと思った。2019/06/09

ひょっとこなっとこ

7
よかった♪2021/04/08

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13738882

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。