講談社タイガ<br> 虚構推理 スリーピング・マーダー

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

講談社タイガ
虚構推理 スリーピング・マーダー

  • ISBN:9784065161579

ファイル: /

内容説明

<2020年1月アニメ放送開始!>
<本格ミステリ大賞受賞作シリーズ!>
<シリーズ累計300万部突破!>

【放送情報】
テレビ朝日 1月11日より毎週土曜25:30~
MBS    1月11日より毎週土曜26:38~
BS日テレ  1月14日より毎週火曜24:00~
dアニメストア、GYAO!ほかにて配信!

【CAST】
岩永琴子:鬼頭明里 桜川九郎:宮野真守
弓原紗季:福圓美里 七瀬かりん:上坂すみれ
寺田刑事:浜田賢二 桜川六花:佐古真弓

【STAFF】
原作:城平 京(講談社タイガ刊) 漫画:片瀬茶柴(講談社『少年マガジンR』連載)
監督:後藤圭二 シリーズ構成:高木 登
キャラクターデザイン・総作画監督:本多孝敏
アニメーション制作:ブレインズ・ベース 制作:NAS

【MUSIC】
オープニング:「モノノケ・イン・ザ・フィクション」嘘とカメレオン
エンディング:「LAST DANCE」宮野真守

私たちは概ね嘘で出来ているのですけれど、理(ことわり)だけは通しているのです。お読みになればお解になれます。
ーー京極夏彦、歓喜!

全てが嘘なのに面白い。怪異【不合理】を虚構【不真実】でねじ伏せる、定石破りの屁理屈推理バトル!
井上真偽、驚嘆――!

「二十三年前、私は妖狐と取引し、妻を殺してもらったのだよ」
妖怪と人間の調停役として怪異事件を解決してきた岩永琴子は、大富豪の老人に告白される。彼の依頼は親族に自身が殺人犯であると認めさせること。だが妖狐の力を借りた老人にはアリバイが!
琴子はいかにして、妖怪の存在を伏せたまま、富豪一族に嘘の真実を推理させるのか!?
虚実が反転する衝撃ミステリ最新長編!

【虚構推理シリーズ】
『虚構推理』
『虚構推理短編集 岩永琴子の出現』
『虚構推理 スリーピング・マーダー』

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

エディ

103
★★★★★ コミック10巻に描かれているところまで読んで我慢しようかとも考えたが、11巻発売(10/17の予定)まで待ちきれずに読了。そうくるか(予想は半分外れた)。最後の2行は賛否が割れそう。2019/06/24

nayu

83
虚構要素は少し控え目?      残酷な真実要素はマシマシ?     お茶目な高校生活を描いた日常編もなかなか良いものですね。また読みたいです。2019/12/20

ダイ@2019.11.2~一時休止

80
虚構推理その3。連作短編集。サブタイトルにもあるスリーピングマーダーがメインなんでしょうけど、個人的には高校時代の話が一番良かった。2019/08/05

Bugsy Malone

79
琴子の興味津々の高校時代、傍から見た六花さんの人物像。連作のような構成で二人の異能ぶりを描き、また貶しあいをユーモアたっぷりに表現している第3作、本筋の依頼の解決も然る事乍ら九郎の琴子を大切に思う気持ちにとっても心安らぐと同時に、まだまだ六花さんを挟んだその先行きに一抹の心配を感じてしまう気がしてしまいました。続きが楽しみです。2020/11/09

なっぱaaua

73
いつも通り面白かった。岩永と九郎先輩の仲も十分にこなれてきて安心感が出てきました。推理の方はきっとあっさり終わらないだろうなと思いきややっぱりの展開で、常人は琴子に関わっちゃいかんのですね。六花さんとの繋がりもこれからどんどん過激になっていきそうです。守るべきものに対し容赦しないという琴子に対して、六花さんどう挑むのか、それを琴子はどう虚構で返すのか。続きがあれば楽しみに待ちたいと思います。桜川の二人が仲良くなれる可能性があるのか、これも虚構で解決していくのでしょうか。アニメ化も楽しみです。2019/08/24

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13897906

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。