富士見L文庫<br> 神様の薬草園 かまいたちの傷薬

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

富士見L文庫
神様の薬草園 かまいたちの傷薬

  • ISBN:9784040732008

ファイル: /

内容説明

祖父から家と、彼の愛した庭を引き継いだ智花。その庭はあやかしの世界と繋がっていて、あやかしたちに手伝ってもらい薬草を育てるのが智花の仕事だ。そんなある日、小さなかまいたちが薬を求めてやってきて……?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

佐島楓

57
うーん、白沢への恋心がなぜそんな簡単に疑いに変わってしまい、ヒロ先輩のほうに傾いてしまうのかがよくわからずヤキモキさせられた。長年の自分の味方を普通信頼するものではないのかな。世間知らずすぎる智花が心配でならない。先輩がなぜその境遇でカフェバイトしているのかも謎だし、恋に決着もついていないし、続編はあるのだろうか?2019/06/16

assam2005

19
愛されるゆえに厳しい真実から遠ざけられ、真綿で包まれて生きることが幸せだと思えるのは、「子ども」として誰かの庇護のもとで生きていられる間に限られるのではないだろうか。その庇護者が失われ、自分の足で立たなくてはならなくなった時のことを考えると、例え愛情だとはいえ、やはり「知る機会」を失うことは幸せだとは思えません。出てくるキャラクター達が素直で可愛いのですが、どうも…某あやかしと重なり、イメージが引きずられてしまいました。最近の流行りなのでしょうか?喋り方まで同じなのはちょっと…なぁ。可愛いんだけど…。2019/10/02

悠遠

11
お化け屋敷と言われる自宅の庭で薬草を育てている主人公の話。 うーん、なんだか最後は駆け足気味だし、後出しが多すぎるし、内容と言うよりはキャラが出張ってる。あとみんな自分勝手が多すぎて話し合え。後半はセリフ多めなので、あー、なんか途中で飽きたのかなと思わせる。あとありがちな主人公モテモテ。素直すぎて危機感ない。あやかしものが読みたい人にはピッタリ。表紙イラストは宮城とおこだけど華がなくなったね?気付かなかった。2021/02/21

はなりん

11
唯一の家族祖父が亡くなり古い家と不思議な庭(薬草園)を引き継いで・・・。薬草園が実はあやかしの薬草で、おじいちゃんの頃から付き合いのあるちょっと不思議な青年白沢さんと、バイト先のイケメン先輩、かまいたちのマツ、白沢さんの伯父ハクエたちとドタバタと過ごしていく話。設定はいいんだけど、ヒロインの危機管理のなさや言動にちょっとイライラしました。表紙の絵もヒロインがイメージと全然合ってない・・・。ヒロイン以外の男性キャラはいい味出してるんだけどね。2019/08/25

にゃうぴょん

9
面白かったです。祖父が亡くなりあやかし絡みの庭の薬草園を引き継ぐお話です。智花さんが素直でいい子なんだけど、危機感の無さがちょっと気になりました。かまいたちのマツの可愛さにくらっときました。2021/02/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13858970

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。