上高地・大雪 殺人孤影 「父と娘」の逃亡を追う長野県豊科署刑事・道原伝吉の執念

個数:1
紙書籍版価格 ¥637
  • Kinoppy
  • Reader

上高地・大雪 殺人孤影 「父と娘」の逃亡を追う長野県豊科署刑事・道原伝吉の執念

  • 著者名:梓林太郎【著】
  • 価格 ¥669(本体¥620)
  • シティブックス(2019/06発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

上高地近くの、林道から外れた茂みの中で女の死体が見つかった。
10年ほど前に銀座でホステスをしていた女だった。その線から蕎麦屋の店主と娘を連れて駆け落ちをしていたことが判明する。当時2歳だった娘は中学生になっていた。長野県諏訪でひっそりと3人で暮らしていた。
同居していた元蕎麦屋店主の行方も知れなかった。
娘はいったんは殺された母親の福島の実家に預けられたが、出奔してしまう。
どうやら2人は行動を共にしているらしいと読んだ捜査員たちは行方を追い始める。
しばらくたって、女の新しい交際相手だと思われる諏訪の工場経営者が殺される。ますます元蕎麦屋店主への疑いを強くした道原たちは、長野から北海道への執念の追跡を始める。
大好評! 長野県警豊科署・道原伝吉刑事シリーズ。