講談社ラノベ文庫<br> 幼なじみが反対しますが秘密結社を廃業することにしました

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

講談社ラノベ文庫
幼なじみが反対しますが秘密結社を廃業することにしました

  • ISBN:9784065162095

ファイル: /

内容説明

「本日をもって、秘密結社ダークハドーを解体廃業いたします!」日本最大の悪の秘密結社、ダークハドーの新しい首領――ビックハドー3世となった春也による、最初で最後にして最大の命令だった。しかし、すでに経済システムに密接に組み込まれたダークハドーにとって、廃業は自らだけで決められることとは思えない。そう考えた春也の幼なじみでもある、女性怪人――レディタイガーこと蓮杖ルミカは、首領である春也と、そして秘書官であり姉でもあるレイカを止めようと決意する。だが春也の決意は固く、廃業は進むもののやはり周囲は騒がしくなり――!神野オキナがお贈りする秘密結社アクションラブコメ、登場!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

わたー

15
【試し読み】悪の組織の首領を継いだ主人公の最初の声明が、組織の解体だったことから始まる物語。試し読みでは、組織の怪人たちが首領とその側近を問い詰めるために奔走する姿を中心に描いており、話の核心はまだ謎のまま。正義の味方の暗躍もあるようなので続きが気になるが、果たして。それはそうと、設定上仕方ないとはいえ、幼馴染ヒロインがガチムチなボディーを晒して勝負下着で迫って来る挿絵ってどこに需要があるのだろう。2019/05/29

真白優樹

13
両親から日本最大の悪の秘密結社を受け継いだ少年が、突如廃業を宣言し混乱が巻き起こる物語。―――廃業は簡単に見えて楽じゃない、だけどそれでも。 働く怪人達、そして悪の組織がいるから成り立つ形態がある。そんなリアルさに満ちた廃業を目指すこの物語。全体的に言えばよく練られた、本当にありそうな気すらしてくる物語であり、ぶっ飛んだ規模のバトルの熱さがあれど一風変わった面白さが目立っている、文字通り一味違う物語である。廃業しようとして結果的に世界を振り回す、そんな少年の行いは廃業へ繋がるのか。 次巻も楽しみである。2019/06/02

METHIE

10
長年やってきた悪の組織が解散する。 我々が毎週毎年見ているアニメや特撮の悪の組織は正義の味方によって倒されるが、とあるバカバカしい理由から解散を決意し、前半は経団連や政治家を巻き込んだ社会的な問題に発展し、後半は悪の組織同士の激突に。 正しいバカ話でありました。 悪なのにSNSを使ったり、まんまアシストロイドの戦闘員がツボ。2019/06/22

ささきち

8
【試し読み】表紙から思っていたし読んでいて問答無用でセクロスしろ!と迫ってくるやつがいたりと対魔忍臭がぷんぷんする作品だぜ。秘密結社が秘密結社じゃねぇなwって所を除けばタイトル通りで悪の秘密結社だが必要悪の会社で色んな場所を破壊したり拉致したり悪いことをしているが、人は殺さず壊す場所もちゃんと計画されて破壊後の事も考えられていたりチンピラを雇用して最低限のマナーを覚えさせたりと治安維持もしている素敵結社。悪がいれば正義の味方もいる世界で正義の味方によって先代である父親と母親が死になんやかんやあって組織を2019/06/01

nawade

6
【試し読み】悪の秘密結社を廃業することを決めた主人公と組織の継続を願う面々の追いつ追われつのアクションラブコメ。試し読みの範囲では主人公視点よりも幼馴染視点の方がインパクトがあり、追われる側よりも追う側に重きをおいているように感じた。主人公が廃業を決心した経緯がまだ不明であるが、無事廃業できるのか、失敗するのか、前言撤回するのか興味が尽きない。正義の味方も絡んできて二転三転ありそうで楽しみだ。そして、姉妹の女の戦いの行方も気になる。イラストはもう少し色気のある方が良かったかも。2019/05/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13793724

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。