角川文庫<br> 黄昏出張所 歴史修復官は時を駆ける

個数:1
紙書籍版価格 ¥704
  • Kinoppy
  • Reader

角川文庫
黄昏出張所 歴史修復官は時を駆ける

  • 著者名:中村ふみ【著者】
  • 価格 ¥704(本体¥640)
  • KADOKAWA(2019/05発売)
  • ポイント 6pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041080337

ファイル: /

内容説明

ある日の黄昏時。不遇の青年、遠野ハジメの目の前に、突然現れた古めかしい建物と、眼鏡をかけた不思議な男。
彼は自らを、時の蟲から歴史を守る「蟲番」だと名乗る。
蟲は、歴史上の人物の意識を喰い、過去を変えてしまうのだ。
蟲喰いを修復する3つのミッションに成功すれば、報酬がもらえると蟲番は言う。
一攫千金を夢見て任務に当たるハジメだが――。

温かな想いは、時空を超える。
感涙のラストが待つ、ダーク・ファンタジー!

イラスト/伊東七つ生

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

papako

53
作者のノンシリーズ。歴史に開いた蟲の穴を修復する臨時職員と監視する蟲番。歴史が大きく変わる可能性を修復するために過去の人物の中に入り込む臨時職員になったハジメ。その報酬で過去に介入する。そこでハジメの選んだ結論がハジメらしくて泣けた。ちょっと設定がいろいろある割にさらっと終わるので、あっさりな印象でしたね。でもな、猫かぁ。ま、それもありか。。。2020/01/06

ゆきちん

38
幼い頃から不遇の青年ハジメが黄昏時に繋がった蟲番のお役所。歴史の穴を修復する臨時職員として働くことに。切腹する牢の武士、好いた男のいる女郎、関東大震災前の子供となかなかハードなラインナップ。ご褒美は好きな時代にトリップできること。ハジメが選んだこととは。…あんなに不遇の人生なのに、まっすぐの好青年で泣かす。彼が最後に選ぶ道も。わたしはラストも好き。シリーズ化出来ない事もないけど、きれいに終わってました。2019/06/15

よっち

34
ある日の黄昏時。不遇の青年・遠野ハジメの目の前に、時の蟲から歴史を守る蟲番だと名乗る眼鏡をかけた不思議な男が現れ、一攫千金を夢見てハジメが奮闘するダークファンタジー。主君に逆らい切腹待ちの武士、男と心中を遂げる予定の遊女、関東大震災での父の死の回避。蟲によって意識を喰われた歴史上の人物の行動を修復してゆく中で、葛藤しながらも自分のことより周りの大切な人たちのために奔走してしまうのがハジメで、小さな幸せを掴みかけていた彼の願った報酬はとてもらしくて切なくもなりましたけど、そんな物語の結末がまた印象的でした。2019/06/05

ぐっち

26
歴史の蟲食いを修復する「黄昏出張所」。ハジメがいい人すぎる!ただし、私はタイムトラベルモノで歴史が変わるのはイヤな派なので、もやもやが残る。2019/08/21

いぼいのしし

15
育児放棄した父親にかわり自分を育ててくれた祖母を亡くし、同時期にブラック会社を辞めて無職になってしまったハジメが、蟲に喰われた歴史を修復する臨時職員になり過去へ行くファンタジー。ハッピーエンドなのかどうなのか、ちょっと切ないラストだった。2019/07/09

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13717444

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。