のこす言葉 KOKORO BOOKLET<br> 半藤一利 橋をつくる人

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,320
  • Kinoppy

のこす言葉 KOKORO BOOKLET
半藤一利 橋をつくる人

  • 著者名:半藤一利【著】
  • 価格 ¥1,056(本体¥960)
  • 平凡社(2019/05発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784582741186

ファイル: /

内容説明

今こそ伝えておかねばならない歴史として「昭和史」に取り組みつづける、原点と活力の源はどこにあるのか。悪ガキ時代、戦争体験と雪中猛勉強生活、編集者時代の秘話。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

リラコ

20
昭和史。同時代史として捉えるには、時がだんだんと過ぎてしまいつつある今、半藤氏の文章は、文献となっていくだろうが、語り部としての仕事を積み重ねたものは一次資料のような価値があるものとして今後も使われていくことだろう。昭和天皇の背負われた二重性については、目から鱗だった。私は戦中の神格化と、戦後の人間としての生き方の激変に目がいっていたがなるほど、である。 この本は、昭和を遠く感じている人たちに、ぜひその入り口として読んで欲しい。#Netgalley2019/10/21

ごへいもち

19
読み易くてあっという間に読めた。昭和史読まなくちゃ。合掌2021/01/13

すん

5
先日本屋に行った際に、半藤一利先生特集が組まれていて、そこで今年1月にお亡くなりになっていた事を初めて知りました。何をきっかけに半藤先生の事を知ったのか忘れてしまいましたが、とてもわかり易く、説得力もあり、公平な見方の出来る著者であると感じられ昭和史にはまるきっかけになった方でした。本書はそんな半藤一利先生の自伝です。2019年89歳、まだまだやる気まんまん。半藤先生のエネルギッシュな文体や語りからは歴史の面白さ以外にも自分もこうありたいという憧れを感じました。2021/03/21

Takao

4
2019年5月21日発行(初版)。著者を知るようになったのは、九条の会の小森陽一さんとの対談などからなのでこの10年くらい。本書では、今の墨田区に生まれた昭和5年から、89歳「まだやる気まんまん」の現在までの長い人生を語っている。子ども時代、学生時代、文藝春秋に勤務した時代、どこでも面白いエピソード満載。最後のメッセージは「また戦前の昭和史に戻ろうとする流れがかなり強くなっている。それはとんでもない大間違いをもういっぺんやるということであって、だから昭和史を知ってほしい」「歴史に学べ、ではなく歴史を学べ」2019/11/30

ひこ丸

2
今年亡くなった半藤さん。戦争の悲惨さを訴え続けると共に、歴史探偵と称して勝者の論理で綴られた歴史を再検証する姿勢は、真実を知りたいという強い気持ちであったのだと、感じました。「昭和史」は、現在の国のあり方を正しく導く名著だと思います。2021/10/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13721851

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。