友情2 平尾誠二を忘れない

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,540
  • Kinoppy
  • Reader

友情2 平尾誠二を忘れない

  • 著者名:山中伸弥【編】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • 講談社(2019/05発売)
  • ポイント 13pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065161449

ファイル: /

内容説明

いまも聞こえる君の声に励まされ、勇気をもらって、僕はこうして生きている――京都大学iPS研究所所長・山中伸弥氏の言葉です。山中氏をはじめとする15人の友が、天才ラガーマン・平尾誠二と過ごした人生の宝物のような日々、そして、いま平尾が語りかけてくることを綴ります。平尾誠二は、いまも人々の心の中で生きているのです。涙なしには読めない、喪失と再生の15の物語――なぜ君といると、あんなに楽しかったのだろう。そして、平尾誠二とワールドカップを見たかった‥‥。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

けんとまん1007

48
存在とは何だろう・・・と、改めて考える。時間の経過とともに、さらに深みが増す。これは、双方の人間性が醸し出すものではないかと思う。2021/11/06

よこたん

47
“平尾誠二はかつてもいまも、温かくて明るいエネルギーを惜しげもなく与えてくれる太陽のような存在です。” この、山中さんの言葉通りだと思う。あらゆる角度から、顔だけじゃなく存在の男前っぷりを各方面の方々が語り尽くした本。特に、日頃文章を書かないであろう方の寄せた、拙いながらも熱のこもった言葉に胸がいっぱいになった。ラグビーに愛され、愛し、これから後進の為に、日本のラクビー界の為に、力を尽くそうという矢先に、反則もしていないのに、突然の、永遠の退場。私達の悲しみ以上に、ご本人は悔しかっただろう。2019/07/06

再び読書

38
伝説になる平尾誠二という人の在り方を記されている本だと感じた。いつでもニュートラルな彼の姿勢が見受けられる。また、任せたら口出しはしない。でも見てくれているという信頼感を与えてくれる真摯な人柄に改めて感心させられる。人柄でもあると思われるどんな人ともニュートラルに対応出来る人としての器量に感動する。苦手な人とはさっぱり距離を置く潔さも良い。流されるのでは無く、俯瞰して大局を見る、そこから何をすれば良いかを選択する。彼の大学時代からラグビー選手の荒くれさが感じられない言動にはこの姿勢があったのだと感じる。2022/05/11

ナラ

35
「友情」を読んだときにも感じた平尾さんの心の大きさ、人柄の良さが「友情2」では平尾さんに深く関係のある人たちから語られる。どのエピソードを読んでも本当に素晴らしく万人に愛されることが深く頷ける人。平尾さんが語った言葉が全て深い。全ての行動には意味がある「美意の按配」という言葉が心に残った。2020/09/27

aloha0307

30
平尾さん 決して忘れません。山中先生が本書では編者にまわり、ラグビー関係者を中心に沢山の稿を寄せました。余命がわからない厳しさ至極の状況でいながら、「しゃあないか」 ご家族や周囲の人たちへの思いやりをいつも忘れずに接せられた...これぞ、本当のかっこよさです✿ その強さ:レジリエンス どんな苦境でも希望を失わず前向きに生きる(己にいま一番必要なことです)...自分が人を支え、自分も支えられる これこそ”人間”(ひととひととのあいだ)なのですね✿2019/11/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13790457

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。