講談社学術文庫<br> 日本語と西欧語 主語の由来を探る

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,198
  • Kinoppy
  • Reader

講談社学術文庫
日本語と西欧語 主語の由来を探る

  • 著者名:金谷武洋【著】
  • 価格 ¥1,080(本体¥1,000)
  • 講談社(2019/05発売)
  • ポイント 10pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

「国境の長いトンネルを抜けると雪国であった」(川端康成)は英語で「The train came out of the long tunnel into the snow countory」(サイデンステッカー)。世界を表現する際の「視点」の違い。英語は「神の視点」を得ることによって主語の誕生を準備したが、「虫の視点」を持つ日本語にはそれは必要なかった。英語の歴史を踏まえ両言語と文化の違いを考察。

目次

序 章 上昇気流に乗った英語
第一章 「神の視点」と「虫の視点」
第二章 アメリカよ、どこへ行く
第三章 英語を遡る
第四章 日本語文法から世界を見る
第五章 最近の主語必要論