堺屋太一の霊言

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,512
  • Kinoppy
  • Reader

堺屋太一の霊言

  • 著者名:大川隆法【著】
  • 価格 ¥1,512(本体¥1,400)
  • 幸福の科学出版(2019/05発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

有名評論家が語った、
死後1ヵ月の体験報告。
そして政治・経済の近未来予測まで。

なぜ生前、橋下徹を応援したのか?
大阪都構想が失敗する理由

対中国・対韓国をどう考える?
堺屋流・中国包囲網の奇策

消費税増税が引き起こす混乱
仮想通貨の危険性とGAFAの未来とは

あの世に持って還れるのは「心」だけ
現代的知識人が知るべき死後の世界の真相


■■ 堺屋太一の人物紹介 ■■
1835~2019年。作家・評論家。大阪府出身。本名は池口小太郎。東京大学経済学部卒。通産省に入省後、在職中に作家デビューし、『団塊の世代』が一世を風靡。また、官僚時代に大阪万博を成功させた経験を生かし、退官後も各種博覧会のプロデュースに当たる。小渕・森内閣時に、民間から経済企画庁長官に登用(第55~57代)、さらに内閣特別顧問も務める。主著に『峠の群像』『知価革命』『秀吉』等。