講談社ラノベ文庫<br> 勇者と勇者と勇者に愛されすぎて修羅場 電子書籍特典付き

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価
  • ポイントキャンペーン

講談社ラノベ文庫
勇者と勇者と勇者に愛されすぎて修羅場 電子書籍特典付き

  • 著者名:猫又ぬこ【著】/柚夏【イラスト】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 特価 ¥165(本体¥150)
  • 講談社(2019/04発売)
  • お盆休みの読書に!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~8/13)
  • ポイント 25pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065162101

ファイル: /

内容説明

【電子書籍には特典として描き下ろしイラストを収録】魔族にとって恐怖の象徴である勇者が復活したと聞かされた魔王子ジャーク。だが魔王の予知によると、近い将来にジャークは勇者と結婚し、人類と魔族は平和を築くことになるらしい。そんな予知を現実にするため人間領を訪れたジャークは、勇者が3人いることを知る。花嫁を特定するため全員に軽くアプローチをかけたところ、なんと勇者全員に惚れられ、付き合っていることにされてしまう! それぞれ特殊な性癖を持つ女勇者のジャークに対する愛は日増しに深まり、三股を隠し通すのが難しくなっていき――!? 魔族を救うため、エッチな女勇者×3と同時に付き合うことになった魔王子の修羅場回避ラブコメ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しまふくろう

16
【試し読み】表紙も挿絵も可愛らしくて大変宜しい。 物語は魔王の予知に従い結婚相手が誰か探す事になった魔王子の奮闘話。候補になった三人の勇者がどの子も個性的過ぎて噴き出した。特にシエルは、試し読み部分だけでもおちんちんと言いまくってる痴女っぷりが凄い。 続きが楽しみ。2019/05/01

真白優樹

10
勇者が復活した世界で、勇者と結婚するという予知を受けた魔王子が、癖の強すぎる三人の勇者と出会い、勇者が恋に落ちる物語。―――重くて熱い花の中、花嫁はだあれ? 本当に勇者かと問いたくなる特殊な性癖を絡めた狂騒感の強い恋模様。その裏に潜む、種族の未来と人間との軋轢。そんな二つの軸の両立がうまい、天秤のつり合いがとれている物語である。癖は強いが楽しめる事は確かなので、気になられた読者様は読んでみてほしい次第である。始まったばかりのこのお話、着地点に果たして無事に着陸できるのか。 次巻も須らく期待である。2019/05/03

不自他

10
BOOK WALKERさんの【試し読み】キャンペーン。予知夢を頼りに将来の嫁を探す話。主人公が『心理盗聴』なる能力で相手の本音に沿った行動を取り好感度を上げたとはいえヒロイン3人は皆チョロイン。「他人に言えない欲を主人公にぶつけるヒロイン3人」と「自分が魔王の息子とバレずに本命1人を探し当てたい主人公」との攻防戦がコミカル。2019/04/27

不自他

8
【試し読み】の後に購読。サクサク進んだ前半に比べて、後半は展開が遅くて中途半端。特に、折角の『心理盗聴』も有効活用されてなかった印象。後半の満足度は低かったけど次巻が出るなら購読の可能性が無くもないかもしれない。あらすじ・主要キャラに加え、出番が少なかった愉快な両親のキャラ等も結構お気に入りだったし。 2019/04/30

ささきち

7
【試し読み】またあなたか。魔王の息子である主人公が魔族の平和な未来のために勇者と結婚する運命にあると言われ勇者に会いに行ったが、勇者が3人いて一体誰が結婚相手なんだ!?と思っていたら全員を即堕としてしまう。そこから誰と結婚するではなく全員と結婚する事が前提でどうやって3又しているのを許してもらおうとか魔族だってことをいつバラそうといった純愛ではなくチャラ男の物語な印象ですね。ヒロイン達もドSの皮を被ったドMと常時セクロスの事しか考えていない性欲モンスターに甘えさせろと言い赤ちゃんプレイを望んだりと曲者揃い2019/05/01

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13718786

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。