1億稼ぐ子どもの育て方

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,404
  • Kinoppy
  • Reader

1億稼ぐ子どもの育て方

  • 著者名:午堂登紀雄
  • 価格 ¥1,263(本体¥1,170)
  • 主婦の友社(2019/04発売)
  • ポイント 11pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

【電子版のご注意事項】

※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。

※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。

※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。

以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。


21世紀を生き抜くのは既存の偏差値教育から解放された“1億稼ぐ子ども”。

ヒットメイカー・午堂登紀雄が説く新時代の教育論。

1億稼ぐ子を育てるために必要な、起業家精神を育むにはどうすればよいか?

起業家精神の教育の根底にあるのは、イノベーター人材の育成。

イノベーターは社会の課題を発見し、考察し、周囲と協創しながら世の中を変革していく。



しかし既存の学校教育では、そういう能力は封じ込められるのが常。



これからの時代を生き抜く子どもは、

文化や価値観が異なる人たちと「協創できるコミュニケーション能力」や

「グローバルなリーダーシップ」を求められる。

その結果が収入に反映される。



つまり1億とは単なる結果に過ぎず、

本質的に重要なことは

1億稼ぐ土台となる能力の獲得にある。



そこで、著者はいま成功して稼いでいる人物は

幼少期の頃、親からどのような環境でどのように育てられてきたのかを、5年に渡って調査。



教育プログラムの効果検証などを徹底的に調べ上げ、

家庭で親が果たすべき教育や役割とは何なのか、

著者自身のバイブルにすべく、1冊にまとめました。

午堂 登紀雄(ごどうときお):1971年、岡山県瀬戸内市牛窓町生まれ。

岡山県立岡山城東高等学校(第1期生)、中央大学経済学部国際経済学科卒。米国公認会計士。

東京都内の会計事務所、コンビニエンスストアのミニストップ本部を経て、

世界的な戦略系経営コンサルティングファームであるアーサー・D・リトルで経営コンサルタントとして勤務。

2006年、不動産仲介を手掛ける株式会社プレミアム・インベストメント&パートナーズを設立。

2008年、ビジネスパーソンを対象に、「話す」声をつくるためのボイストレーニングスクール「ビジヴォ」を秋葉原に開校。

2015年に株式会社エデュビジョンとして法人化。

不動産コンサルティングや教育関連事業などを手掛けつつ、個人投資家、ビジネス書作家、講演家としても活動している。