講談社現代新書<br> 続 昭和の怪物 七つの謎

個数:1
紙書籍版価格 ¥928
  • Kinoppy
  • Reader

講談社現代新書
続 昭和の怪物 七つの謎

  • 著者名:保阪正康【著】
  • 価格 ¥864(本体¥800)
  • 講談社(2019/04発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

のべ4000人の元軍人らに取材を重ねてきた保阪正康氏が、昭和を代表する人物のエピソードを通じて昭和の闇=語られざる真実を語るシリーズ第2弾。本書では、田中角栄・三島由紀夫・後藤田正晴・橘孝三郎・近衛文麿・伊藤昌哉・野村吉三郎を取り上げる。

目次

三島由紀夫は「自裁死」で何を訴えたのか
近衛文麿はなぜGHQに切り捨てられたのか
「農本主義者」橘孝三郎はなぜ五・一五事件に参加したのか
野村吉三郎は「真珠湾騙し討ち」の犯人だったのか
田中角栄は「自覚せざる社会主義者」だったのか
伊藤昌哉はなぜ「角栄嫌い」だったのか
後藤田正晴は「護憲」に何を託したのか