韓国行ったらこれ食べよう! - 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

個数:1
紙書籍版価格
¥1,540
  • 電子書籍

韓国行ったらこれ食べよう! - 地元っ子、旅のリピーターに聞きました。

  • 著者名:八田靖史
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 誠文堂新光社(2019/03発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784416519509

ファイル: /

内容説明

キムチ、焼肉、冷麺だけじゃない! こんなに深い韓国料理。 ソウルとプサンで食べられる、定番からリピーター向けの料理まで幅広く紹介。 日本でもよく知られている定番料理も、本場はさすがにひと味もふた味も違うもの。 タッカンマリ、カンジャンケジャンからテジクッパブ、ピョンヤンネンミョン、辛いものから甘いもの、伝統茶まで、韓国料理に魅せられた著者が、韓国でぜひ食べたい究極メニューをご紹介。 流行の兆しが見え始めている北朝鮮由来のご飯(キタメシ)も掲載

目次

韓国語で考えるオーダーのコツ
わかると便利な単語集
指さしにどうぞ、メニュー一覧

●汁もの●
牛一頭を煮込んだ白濁スープ「ソルロンタン」
ぷるぷるとおいしいコラーゲン「トガニタン」
日本ではよく見るレアメニュー「テグタン」
真夏に食べる滋養と健康のスープ「サムゲタン」
巨大な肉のかたまりにかぶりつこう「カムジャクッ」
香ばしさ溢れる朝の定番スープ「プゴクッ」
栄養たっぷりの腸詰めスープ「スンデクッ」
お正月にも食べる餃子のスープ「マンドゥクッ」
豚と海藻で作る済州島のスープ「モムクッ」
地域に根ざす2,000 ウォンの至福「ウゴジオルクンタン」
★コラム… キムチ図鑑

●ごはんと定食●
遠く分断された故郷の混ぜごはん「ヘジュピビムパプ」
ごはんにかけるための味噌汁「テンジャンピビムパプ」
鮮度抜群の牛肉をごはんと混ぜて「ユッケピビムパプ」
香りを楽しむ炊き込みごはん「コンドゥレバプ」
新時代をいく健康志向の海苔巻き「プリミオムキムパプ」
激臭注意…… でも慣れるとクセに「チョングッチャン」
ひやひやっと味わう汁かけごはん「キムチマリバプ」
昔ながらの市場式スープごはん「チャントクッパプ」
朝鮮三大料理に数えられるスープ「チャンクッパプ」
とろっとろに甘く濃厚なワタリガニ「カンジャンケジャン」
★コラム… 韓国の朝ごはん

●麺もの●
そば粉の香りを楽しむ粋な喉ごし「ピョンヤンネンミョン」
デンプン麺の噛みごたえと戦う「ハムンネンミョン」
大豆の香ばしさに浸る涼味「コングクス」
済州島式のとんこつラーメン「コギグクス」
鶏焼肉の有終を飾る冷やしそば「マッククス」
この冷麺を知っていたらスゴイ? 「チョゲタン」
もう一歩踏み込んで楽しむ国民食「カンチャジャン」
火の味をまとう灼熱の辛口スープ「チャンポン」
エゴマが大好きになるすいとん「トゥルケスジェビ」
牛肉鍋から生まれたオリジナル麺「トゥレグクス」
★コラム… 屋台オヤツ

●焼きもの●
精肉店で食べる焼肉がすばらしい「コットゥンシム」
学生街で満喫する豚焼肉の美学「ソグムグイ」
箸でちぎって味わうレトロ焼肉「ソクセプルコギ」
チーズタッカルビの原形がコレだ! 「タッカルビ」
外国で味わう異国情緒の串焼き「ヤンコチ」
煙に吸い寄せられる焼き魚定食「センソングイ」
活力補給にテナガダコの鉄板炒め「ナクチチョルパンボックム」
米軍基地発の超豪華な鉄板焼き「ステイク」
常識を打ち破った新時代の腸詰め「スンデステイク」
マッコリと相性抜群の市場名物「モドゥムジョン」
★コラム… 市場メシ

●鍋もの●
ニンニクがっつりの豪快な丸鶏鍋「タッカンマリ」
家で食べたいゴロゴロ野菜の鶏鍋「タットリタン」
キムチがとりまとめる韓洋折衷鍋「プデジョンゴル」
牛肉を上品に味わう平壌式寄せ鍋「オボクチェンバン」
古都に伝わる贅を尽くした大根煮「ケソンムチム」
寒い時期にこそ食べたい鍋料理「センテタン」
旬のハタハタを煮付けで味わう「トルムクチョリム」
透き通った味わいのテナガダコ鍋「パクソクヨンポタン」
ボリューム満点の特大餃子鍋「マンドゥジョンゴル」
ピリ辛スープで味わうホルモン鍋「コプチャンジョンゴル」

●釜山料理●
ほか

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

たまきら

26
韓国語が堪能な夫と彼の友人に甘え、結構色々食べさせてもらってるなあ…。サンナクチが皿から逃げ出さず「こんな生きが悪いタコを出してごめん!」と謝られたり、ホンオフェを口に押し込まれたりもしたなあ。ある旅の最後の日、ずらりと並ぶキムチを見て(これ、しばらく食べられないんだ)と涙ぐんでみんなに笑われたなあ。極彩色の感情を持つ韓国人の友人たち、文化、料理。大好きです。2020/07/28

なにょう

14
通しで読む本ではない。寝る前などにちびちびと読むが吉。★ビビンパと冷麺が大好きだ。冷麺の本場は北朝鮮。いつか本場の冷麺食べたい。そもそもようやく韓国渡航も可能となったが、コロナ禍は未だ止まず、気軽に出かけるわけにもいかない。今度鶴橋に行って冷麺食べたい。★釜山の食堂で食べたら7,000ウォンだったのが、日本の感覚で700ウォン出したら、おばさんに不審がられたのもよい思い出だ。2022/12/04

mamaboo

5
知らない料理がたくさん。釜山の紹介もあり、気分だけ韓国旅行。2019/05/03

Carol

2
맛있겠다〜!お腹空いている時に見ちゃいけない本でした。次の韓国旅行で行こうと思ってメモった店が17軒もあるんですけど、1日に何食食べることになるんだ?これw 早く行きたいな〜!2020/05/17

lovekorea

2
韓国料理はそこそこ知ってるぜ! とか思ってましたが、全然そうでもないことがよく分かりました。 見たこともない料理がたくさん紹介されていて、旅の楽しみが増えますわい (^ω^)2019/04/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13484649
  • ご注意事項