光文社新書<br> 日本のものづくりを支えた ファナックとインテルの戦略 - ~「工作機械産業」50年の革新史~

個数:1
紙書籍版価格 ¥885
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

光文社新書
日本のものづくりを支えた ファナックとインテルの戦略 - ~「工作機械産業」50年の革新史~

  • 著者名:柴田友厚
  • 価格 ¥885(本体¥820)
  • 光文社(2019/03発売)
  • 春 満開!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~4/21)
  • ポイント 200pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

工作機械は「機械を作る機械」であるため、「マザーマシン」と呼ばれる。私たちが日常で使うスマホといったものだけでなく、航空機など、あらゆる人工物を作るのに欠かせない。そのため、日本やドイツのように、強いものづくりの背後には必ずといってよいほど強い工作機械産業が存在する。そしてこの四半世紀、日本の工作機械産業は世界最強であり続けた。表舞台にはめったに登場しない「世界最強の裏方産業」50年の革新史を描く。