講談社ラノベ文庫<br> 幼なじみは負けフラグって本当ですか? 電子書籍特典付き

個数:1
紙書籍版価格 ¥660
  • Kinoppy
  • Reader
  • 特価

講談社ラノベ文庫
幼なじみは負けフラグって本当ですか? 電子書籍特典付き

  • ISBN:9784065147313

ファイル: /

内容説明

【電子書籍には特典として描き下ろしイラストを収録】俺の幼なじみ・桜木萌々花は金髪ハーフの美少女だ。おまけに料理上手で、面倒見がよく、胸もでかい。俺はそんな彼女が大好きだ。なのに萌々花は俺に対してだけツンツンしているし、これじゃ告白してもフラれちまうよな……。でも俺は諦めないぜ。今年こそ萌々花と恋仲になってみせる! そんな決意をした日、可愛い転校生がやってきた。するとなぜか萌々花は涙目であわあわして……!? 両想いなのに空回っちゃう学園ラブコメ!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

まりも

31
両思いなのに思いを伝えられない幼馴染の前に転校生の美少女がやってきた⁉︎果たして幼馴染はセオリー通り負け犬になってしまうのかタイトル通りな物語ここに開幕。終わり方は兎も角、幼馴染はやはり尊いものだ。今作は幼馴染の良さというものを教えてくれる。やっぱり幼馴染って良いよね。特に幼い頃の思い出を今も大事にしているってのが本当に素晴らしい。料理も上手くて健気で可愛いとか無敵やな。肝心のラブコメの方も両思いなのに色々と焦れったい2人の恋模様を楽しむことが出来た。ベタ中のベタだが、それがまた良い。2019/02/02

むっきゅー

27
こってこてのラブコメ。幼なじみの萌々花と悠馬のW主人公もので、相思相愛なんだけど関係が壊れるのが怖くお互いに告白できずにいるところに、正統派美少女の転校生が現れてという話。萌々花は、世間的に「幼なじみ=負けヒロイン」とされていることを極度に恐れ、転校生の麗奈に過剰反応してしまう。疑心暗鬼とヤキモチがかわいい。悠馬は絵に描いたような鈍感主人公で、萌々花のヤキモチをことごとく勘違いしてしまう...。ラブコメの属性に着目し、凝縮したような作品。幼なじみ属性好きにお薦めです。しっかし、ベタだなーーーwww2019/02/02

まるぼろ

22
隣に住む幼馴染の片桐悠馬に想いを寄せつつも、恋愛漫画などで幼馴染が負け続けている事から密かに女子の転入生が現れるのを恐れていた桜木萌々花だったが、雪野麗奈が転入して来てから明らかに様子が可怪しくなり…というお話です。見事なまでの両思い空回りラブコメで読んでいて面白かったです。これで萌々花が姉御肌でツンデレじゃなかったり、悠馬にもう少し度胸があればあっという間に話が終わっている所なのでしょうが…w プールでの一件で萌々花と麗奈が仲良しになったりもしましたが、どう話が進んでいくのか次巻も楽しみです。2019/02/11

わたー

21
【試し読み】創作物から「幼馴染は負ける」と信じてしまったヒロインと、恋愛ベタな主人公のもとに、恐れていた最強属性「転校生」をもった少女が現れることから始まるドタバタラブコメ。両片思いで空回りする二人をニマニマしながら楽しめた。文体もライトでさらっと読むには最適。作品には関係ないが、著者の新作発表数が抜きん出ていることが気になる。2019/01/31

まっさん

20
★☆ 面白いのは面白いんだけどやっぱり内容がちょっと薄すぎるかな〜…負けヒロイン筆頭候補である幼なじみをメインヒロインにしてその幼なじみ自身が「幼なじみは負けヒロイン」ということを自覚して転校生美少女にあたふたする、っていう題材は面白いと思うんだけど…それにしても出てくる登場人物が3人揃って全員ポンコツで笑ってしまった。2019/02/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13482105

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。