集英社コバルト文庫<br> 魔法令嬢ともふもふの美少年

個数:1
紙書籍版価格 ¥671
  • Kinoppy
  • Reader

集英社コバルト文庫
魔法令嬢ともふもふの美少年

  • ISBN:9784086080842

ファイル: /

内容説明

リヒカル・ウルフスタンは焦っていた。ほとんどの時間を狼の姿で過ごしている彼は、人の姿を維持する魔法を研究しているのだが、狼の姿になると研究意欲が霧消してしまう。だから人型の時、リヒカルはいつもイライラカリカリしてしまうのだ。そんなある日、魔法は禁忌だという風潮の強い王都で、重度の魔法オタクっぷりがバレて王子に婚約破棄された公爵令嬢マリーが屋敷にやってきて……?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

34
ほとんどの時間を狼の姿で過ごし、人の姿を維持する魔法を研究しているリヒカル。そんな彼と重度の魔法オタクっぷりがバレて王子に婚約破棄され屋敷にやってきた公爵令嬢マリーと出会う物語。前作のメレディスとレナルドの屋敷に同居する叔父のリヒカル。最初はリヒテルのことを飼犬と思っていたマリーと精霊と思われながらの積み重ねられたやりとりがあって、そんな彼の意外な姿も垣間見えたりして、二人が協力して魔法を完成させてゆくハッピーエンドは良かったですけど、だからこそ最後はもう少しじっくり書いても良かったかもしれないですね。 2019/01/03

ぐっち

32
「薬草令嬢」で気になっていたワンコ叔父のリヒカルのお話!もふもふも魔法令嬢もそれぞれの事情を抱えながら近づいていく様子が良かったです。2018/12/02

ダージリン

30
リヒカル主人公のスピンオフ! 読んでみたかったので大変うれしいです。リヒカルの二面性なんて、前巻からは想像もしてなかったので、面白かったです(笑)。メレディスとレナルド(新婚1ヶ月)も幸せいっぱいで何よりでした~♪2018/12/17

陸抗

23
魔法オタクがバレて、王子との婚約を破棄されたマリー。新月の晩以外は、狼の姿ですごすリヒカル。どうにか人の姿になりたいリヒカルを、自分の出来る範囲で手伝うマリー。姿形に拘らず、穏やかに恋心を育てていく過程はすごく良かった。だからこそ、マリーの父親から結婚の許しを得てからのくだりは、もっとじっくりと読みたかったな。2019/01/08

アキナ

16
前作の二人を見守ったレナルドの兄貴分であるリヒカルが主人公のお話。メレディスも前向きで大変好感が持てましたが、魔法少女のマリーも元気で可愛く、犬が苦手なのに進んでリヒカルの世話を引き受けるなど、とても感じのいい子でした。小悪魔なリヒカルとのラブラブなエピソードももう少し読みたかったです。新たな狼さんも出てきたし、また続編を期待してもいいのかな!2019/01/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13321129

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。

 

同じシリーズの商品一覧

該当件数2件 全てにチェックを入れる/全てにチェックをはずす