講談社タイガ<br> 虚構推理

個数:1
紙書籍版価格 ¥792
  • Kinoppy
  • Reader

講談社タイガ
虚構推理

  • ISBN:9784065145302

ファイル: /

内容説明

<2020年1月アニメ放送開始!>
<本格ミステリ大賞受賞作シリーズ!>
<シリーズ累計300万部突破!>

【放送情報】
テレビ朝日 1月11日より毎週土曜25:30~
MBS    1月11日より毎週土曜26:38~
BS日テレ  1月14日より毎週火曜24:00~
dアニメストア、GYAO!ほかにて配信!

【CAST】
岩永琴子:鬼頭明里 桜川九郎:宮野真守
弓原紗季:福圓美里 七瀬かりん:上坂すみれ
寺田刑事:浜田賢二 桜川六花:佐古真弓

【STAFF】
原作:城平 京(講談社タイガ刊) 漫画:片瀬茶柴(講談社『少年マガジンR』連載)
監督:後藤圭二 シリーズ構成:高木 登
キャラクターデザイン・総作画監督:本多孝敏
アニメーション制作:ブレインズ・ベース 制作:NAS

【MUSIC】
オープニング:「モノノケ・イン・ザ・フィクション」嘘とカメレオン
エンディング:「LAST DANCE」宮野真守

巨大な鉄骨を手に街を徘徊するアイドルの都市伝説、鋼人七瀬。
人の身ながら、妖怪からもめ事の仲裁や解決を頼まれる『知恵の神』となった岩永琴子と、とある妖怪の肉を食べたことにより、異能の力を手に入れた大学院生の九郎が、この怪異に立ち向かう。その方法とは、合理的な虚構の推理で都市伝説を滅する荒技で!?
驚きたければこれを読め――本格ミステリ大賞受賞の傑作推理!

終始ゾクゾクしっぱなし……息もつかせぬ物語とはまさにこのことだと思います。意外な展開、予想外な事実、桁外れな人物、奇妙な現実、異様な虚構、奇想天外な“戦い”――。絶妙に狙い澄まして放たれる数々の“驚き”の奔流に溺れそうになりましたが、エラ呼吸を会得することでどうにか事なきを得ました。
のちの半魚人である(←新しい都市伝説)。
――『僕は友達が少ない』の平坂読氏推薦!!

「本格」の今後が有する可能性を大きく押しひろげた一作(作家・氷川透)
ただただ作者の才能に嫉妬するばかり(作家・黒田研二)
おおおお前を倒すのはこの俺だ!(作家・汀こるもの)
内奥に錨を下ろした論理、奇矯でありながらつらぬかれたロジック。破格のミステリ(作家・辻真先)
辻褄の合った論理こそ、時には真実から最も遠ざかるものではないか――(書評家・千街晶之)
驚きを通り越して爽やかな敗北感さえ抱かされた(作家・太田忠司)
「真相」の意味について刺激的な考察を展開(作家・大山誠一郎)
「本格ミステリのロジック」の持つ魅力と危うさを純粋培養したような小説(作家・光原百合)

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ちょこりり@スタンドアローン

66
以下、企業秘密です。いわゆるアンチミステリ。あるいは多重推理ミステリ。または虚構推理。そうぶんぜ。いいか?虚構推理はトぶぞ?普通じゃない。はっきり言って異常だ。頭がおかしくなる気持ちよさ。頭を良くしたいのにどんどん頭が悪くなる。本格ミステリの枠組みを真っ向から否定してぶっ壊す。嘘で嘘を塗り固めた嘘だらけの推理に説得力を持たせるアプローチが狡猾。全部嘘なのに鋼鉄みたいに硬い芯が通っているから、余計にたちが悪い。ミステリの構造的な死角を突いた切り口は卑劣であり、著者の強い悪意と計画性を伺わせる。判決。極刑。2021/10/28

57
特殊設定ミステリの極北。巨大な鉄骨を手に人を襲う巨乳の亡霊に知恵の神が立ち向かう…ブッ飛んだ設定から飛び出すガチガチのロジックは圧巻の一言だ。西洋人形めいた少女の頭脳から繰り出される、真実をも凌駕する虚ろな推理は美しくも恐ろしい。まぁあまり彼女を悪く言うとどんな“バチ”が当たるか分かったものじゃないが。嘘の伏線。嘘の真実。嘘の嘘。嘘が作り出す合理的な虚構を前に、読み手はそれこそ亡霊のように口をあんぐり開けて放心するしかない。目には目を、虚構には虚構を。驚きたくばこれを読め。第12回本格ミステリ大賞受賞作。2021/06/08

佐島楓

54
都内で昨日購入、本日読了。書店でも最後の一冊という人気。最近では一番に近い楽しみのシリーズになったかも。アニメの情報もチェックしてみよう。2019/01/22

なっぱaaua

43
城平京さん初読みです。虚構虚構のオンパレード。虚構を虚構で返し、無いことにする。そんなお話は今までの自分の読書体験では無かったのでとても興味深かった。インターネットがあるからこその展開で、2011年の作品であるものの、古さは全く感じない。キャラクター的には岩永琴子は好きですね。短編集も購入済なのでじっくり読んでみよう。アニメ化との事ですが、鋼人七瀬だけだとビジュアル的に動きをどうするのかは心配ではあります。短編集以外の続編はあるのでしょうか?2019/05/21

うまる

42
真実を求める探偵ものとは対極の推理劇がとても楽しいです。虚構と言えども論理的で、虚構に次ぐ虚構の多重解決が見事。事実を明らかにする事だけがミステリじゃないという、ミステリの更なる可能性を感じました。ネットの力の話と同時に、ネット民意に対する皮肉的な話になっているのも面白い所です。それにしても、男刑事が気持ち悪かった~。職場関係だから無下にできないのがわかっていて、外堀から埋めてくるとかほんとキショい。こいつがレギュラーだったらもう読むのやめようかと思ったけど、まぁ……良かった。2021/09/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13487511

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。