創価学会を語る

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,080
  • Kinoppy
  • Reader

創価学会を語る


ファイル: /

内容説明

日本から世界に広がった創価学会について、作家・佐藤優氏と日蓮研究者の松岡幹夫氏が、多角的かつ縦横無尽に語り尽くした対談集。公明党支援を通じた政治参加や、海外社会への浸透と世界宗教化、僧侶仏教との訣別と教義条項改正、池田大作名誉会長による「創価思想の完成」等に関して、佐藤氏が「創価学会の内在的論理」を読み解きつつ松岡氏と論ずる。月刊誌『第三文明』の好評連載の単行本化。

目次

まえがき 松岡幹夫
第1章 変わり続ける「生きた宗教」
第2章 学会の政治参加の本質
第3章 世界宗教への飛躍
第4章 宗教改革と創価学会
第5章 国家との向き合い方
第6章 「言論問題」再考
第7章 「折伏」と創価学会
第8章 三代会長を語る
第9章 創価学会の未来を展望する
あとがき 佐藤 優