創価学会を語る

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,100
  • Kinoppy
  • Reader

創価学会を語る

  • ISBN:9784476033526

ファイル: /

内容説明

日本から世界に広がった創価学会について、作家・佐藤優氏と日蓮研究者の松岡幹夫氏が、多角的かつ縦横無尽に語り尽くした対談集。公明党支援を通じた政治参加や、海外社会への浸透と世界宗教化、僧侶仏教との訣別と教義条項改正、池田大作名誉会長による「創価思想の完成」等に関して、佐藤氏が「創価学会の内在的論理」を読み解きつつ松岡氏と論ずる。月刊誌『第三文明』の好評連載の単行本化。

目次

まえがき 松岡幹夫
第1章 変わり続ける「生きた宗教」
第2章 学会の政治参加の本質
第3章 世界宗教への飛躍
第4章 宗教改革と創価学会
第5章 国家との向き合い方
第6章 「言論問題」再考
第7章 「折伏」と創価学会
第8章 三代会長を語る
第9章 創価学会の未来を展望する
あとがき 佐藤 優

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Die-Go

39
図書館本。創価学会についての知識を入れる必要が生じたため。クリスチャンであり、知の巨人でもある佐藤優氏と、松岡幹夫氏との対談がどのような展開を見せるのか楽しみにしていたが、どうも佐藤氏の論調が前著『創価学会と平和主義』と比べても学会におもねる内容を感じさせる。それは学会を調子に乗らせて崩壊の道筋を作っているとも捉えられなくもないが、あまりの露骨且つ貧弱。池田教になったらなぜまずいのか、それをこんぽんからろんじなければならないだろう。★★★★★2018/10/29

かごむし

19
かの有名なキリスト教徒の佐藤氏と、元日蓮正宗の僧侶であった松岡氏が、創価学会について語った本。僕は創価学会の会員であるので、そういう立場でこの本を読んだ。外部からの視点という意味では刺激的でもあったが、議論が核心をつくようでつかない物足りなさもあった。事実として間違ったことは言ってないけど、そうかな?と思うことも多くて、後半はずっとモヤモヤした。佐藤氏が創価学会の若いメンバーに向けた「人間革命、新・人間革命などの池田会長の著作をしっかりと読み、学びなさい」(趣意)という一文が、この本で一番の名言だった。2016/01/09

Happy Like a Honeybee

12
ゴルバチョフが宗教の自由を緩和した事が、ソ連崩壊の要因の一つと。中国に布教すると? 戦前の宗教弾圧時、当局はあえて小さな団体を狙った。 9条改正を阻止するなど、右傾化する政治団体権力の暴走監視に期待がかかる。2016/02/11

らふぃん

5
④もう少しふかんした感じかと思ってたら、創価学会絶賛すぎだった 創価学会ってなんだ?て疑問がとけるかなと思って、読んでみたけど、 これだけ絶賛だと鵜呑みにするのがこわいわね 2016/10/30

にゅにゅぱんだ

5
同志社大学院を神学研究科で出たほどのバリバリのキリスト教徒の佐藤優氏が創価学会をほっとけないという感じで話されているのが面白い。池田教と揶揄されることなど気にせずにもっと池田会長の重要性を堂々と打ち出すべきとか、創価学会は自分達の力を過小評価しすぎ、とか。そんだけ言いながら、自分はキリスト教徒なんだねw 彼は彼で命がけでキリスト教徒なのだろう。宗教を持つというのはそういうことなのか。そういえば、宗教がわからない人が創価学会を政治的に批判しても的外れとも。2016/05/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9943747

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。