[禅的]持たない生き方

個数:1
紙書籍版価格
¥1,430
  • 電子書籍
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

[禅的]持たない生き方

  • 著者名:金嶽宗信【著】
  • 価格 ¥1,430(本体¥1,300)
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン(2018/12発売)
  • 春うらら!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~4/14)
  • ポイント 390pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784799324035

ファイル: /

内容説明

たくさんのものに囲まれているよりも、
何も持たないほうが、人生うまくいくのです。


いらないものは、いさぎよく「捨てる」。
そもそも、はじめから「持たない」。
「後ろ向きな感情」も、「よけいな人間関係」も。

NHK大河ドラマの仏事監修・指導、教誨師、保護司としても知られる異色の禅僧が、
こだわりや執着から自由になる生き方を提案します。

●現代人は豊かに見えて、豊かではない
●禅とは修行ではなく、「生活そのもの」
●「所有とは、すなわち執着である」と考える
●「物がある」のが当たり前と思わない
●持たない工夫を楽しむ
●十を求めずに、一で足ることを知る
●孤独に生きるな、自立して生きよ
●人は「変わる」ことができる

[こんな方におすすめです]
・物が捨てられなくて、家中に物があふれている
・次から次へと欲しいものが出てきて、つい買ってしまう
・何かと人と比較して、暗い気持ちになってしまう
・人間関係でも、なかなかNOを言えず、ストレスをためがち

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

SOHSA

41
《kindle》あらためて身近に日本の仏教を感じた一冊。日々の暮らしの中でひとはどのように生きるべきかを解りやすく易しく説いてくれている。なるほど宗教とは本来このようにあるべきなのだ。仏教を哲学的に解析することも面白いが、宗教として人生の指針として読み直すことこそ、本来の役割なのかもしれない。最初から最後までなんの引っ掛かりもなく素直に読みとおせた。じんわりと胸にしみる言葉がたくさんあった。2021/07/10

テツ

20
「本来無一物」 みんな(勿論ぼく自身も含めて)勘違いして執着しているだけであって、この世界に執着しなければならないモノもコトも存在しない。ぼくはもともとあまり物欲はないのだけれど、物だけではなく全ての事柄にたいしての欲を限りなく薄めることだけがより穏やかな日々を手に入れるための唯一の方法なんだろうなと学ぶ。捨てる勇気。所有しない生活。過去を悔やみ未来を憂うことなく、ただこの瞬間だけを感じることに自身の全てを傾ける。そのためには身軽でいなければならない。肉体にも精神にも重荷はいらない。2019/10/23

kanki

19
お茶は、元々座禅中の眠気防止薬。所有は執着。物がないのが当たり前、感謝。2022/10/19

しゅうと

16
意外とよかった。仏教も良い。2021/11/06

あつお

14
ミニマルな生活。 現代の生活には誘惑が溢れており、刺激や快楽を求める傾向が強まっている。便利なグッズやそれらを推し進めるマーケティング手法によって、人々の消費行動が促されている。しかし、社会から一定の距離を置き、必要最低限のものだけで生活をすることで、本当に大切なものが何か見えてくる。著者は、最低限の衣類しか持たず、豪華なベッドや専用の食器も持たない生活をしている。この本を読んで、普段の生活で物への関心をどれだけ抱いていないかに気づかされた。日々の生活の中で、一つ一つのことに感謝し、生きていきたい。2024/04/05

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13381009
  • ご注意事項