裁判官が日本を滅ぼす

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,007
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

裁判官が日本を滅ぼす

  • 著者名:門田隆将
  • 価格 ¥1,007(本体¥933)
  • ワック(2018/11発売)
  • 秋分の日の三連休!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 ポイント25倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 225pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

司法改革のバイブルとなった問題の書、ついに復刊!

「裁判官が日本を滅ぼす」と言えば、国民の大多数は、「それ、ホント?」と言うに違いない。
しかし、残念ながらそれは本当のことなのだ。

真実を追及するはずの日本の法廷では、真実や正義とはまるでかけ離れたゲームが日々、繰り広げられている。
いわゆる「法廷ゲーム」である。
日本の官僚裁判官は、200件、300件の案件を常に抱え、それぞれが、ゲームのアンパイアとして、国民の常識や社会正義とは無縁のジャッジを日常的に下している。
そこには、国民の奉仕者である本来の公僕としての姿は、まるでない。

法律の殻だけに閉じこもった世間知らずなゲームのアンパイアたちは、一体どんな非常識判決を下しているのか。
気鋭のジャーナリスト門田隆将が、実際の裁判を実例にして、裁判官それぞれの実名を挙げながら、日本の裁判所の恐るべき実態と問題裁判官を告発し、司法の闇に大胆に迫った問題作である。

2009年に裁判員制度がスタートするなど、司法改革が着々と進む中、果たして日本の官僚裁判官は、「生まれ変わる」ことができるのか。
ベストセラーとなった単行本に、このほど大幅な加筆をおこない、再び裁判官問題を世に問う渾身のノンフィクション――。