100人の森博嗣 100 MORI Hiroshies

個数:1
紙書籍版価格 ¥639
  • Kinoppy
  • Reader

100人の森博嗣 100 MORI Hiroshies

  • 著者名:森博嗣【著】
  • 価格 ¥639(本体¥581)
  • 講談社(2018/11発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784062769846

ファイル: /

内容説明

読んだ人すべてがFanになる、森ミステリィの秘密と魅力。森ミステリィへ深く誘われる「森語り自作小説のあとがき」、一筋縄ではいかない「森読書 書評や本に関するエッセィ」など、『森博嗣のミステリィ工作室』と対をなす、魅力がぎっしり詰まった個人読本。特別企画としてデビューまえの手紙や、新聞不掲載となった「子供には新聞を読ませない」なども収録。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gonta19

36
2011/9/17 Amazonより届く。 2013/8/2〜8/7 森氏自身による「森博嗣読本」。こういうのを読むと最初に「すべてがFになる」を買った時の衝撃を思い出す。S&Mシリーズ、Vシリーズ、Gシリーズなどの世界観は、同じ理系作家である海堂尊氏のそれと近いものを感じる。同じ理系世界で生きる私としては、第五章の「森思考」が共感できるところ多数であった。2013/08/07

akira

25
V読了直後、すぐさま購入し読了。 例により、未読本の解説は未読。(そして二人…、奥様は…、短篇集) Vの解説を読んでると、ついこないだ読んだような不思議な感覚に(読んだのついこないだだけど)。付けたマーカーを見返したりするせいだが、同じ本を何度も楽しめ何度も美味しい。 いつか「『美人』と書くと、読者は各人の美人像を想像するので、便利な言葉だ」と呟いたが、同じ内容を森先生も書かれていた。なるほど。 大学院には行きたかったなとふと。 「各分野で一流といわれる人は、どこか違うのである。」 2013/04/30

ミーホ

24
自作品のあとがきを書かない森先生の解説が読めるとレビューであり手に取る。エッセイってどうも食指が湧かないけど、森先生は別格だなー。本書の解説で誰かが書いてたけど、同じ時代に生きられて本当に幸せと思える。S&MシリーズとVシリーズは、新作が出るたびに(しかもハイペース)「すべてがFに~」から読み出すという変態的読み方をしていた程大好きだけど、両シリーズのタイトルにパターンがあったとは!!他にも制作の裏側が覗けるような内容目白押しでファン必読!!大好き西澤作品の解説も既読ながらコレホント好き!!何度も読んだ。2015/07/05

coco夏ko10角

22
第1章の著者作品解説目当て。これで初めて知ったこともちらほら。Vシリーズ再読したいな~。他のエッセイ等も著者の考えが覗けて面白い。特別収録に宇山さんが…お名前見るだけで切なくなる。2014/09/16

ぺぱごじら

22
100人も森博嗣が居たら、かなり愛想の悪い世の中になったろうな、少なくとも文章の世界は(笑)。『世界が100人のぺぱごじら』なら、互いに顔を合わせないようにひっそり引きこもる奴が100人出来そう(苦笑)。Vシリーズの振り返りが読めたのは嬉しい。読んだときの衝撃とテンポの良さはS&Mだが、読み返す回数はVの方が多いから。2013-1762013/11/11

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4059864

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。