文春e-book<br> ショートショート美術館 名作絵画の光と闇

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,870
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

文春e-book
ショートショート美術館 名作絵画の光と闇

  • 著者名:太田忠司【著】/田丸雅智【著】
  • 価格 ¥1,527(本体¥1,389)
  • 文藝春秋(2018/11発売)
  • 【Kinoppy】ポイント増量!文藝春秋「電書の森フェア 2020」(~10/1),シルバーウィークの4連休 Kinoppy 電子書籍 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/22)
  • ポイント 520pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

一つの絵から生まれる二つの物語。
あなたにもインスピレーションがおりてくる!

ショートショートから作家としてのキャリアをスタートした太田忠司と、新世代ショートショート作家として人気を集める田丸雅智の二人が、古今東西の名画をテーマに競作。

二人のインスピレーションのもとになったのは、この10枚の名画たち。

ゴッホ「夜のカフェテラス」
クプカ「静寂の道」
ムンク「吸血鬼」
俵屋宗達「風神雷神図屏風」
モネ「雪の中の蒸気機関車」
シャガール「サーカス」
月岡芳年「猫鼠合戦」
エッシャー「写像球体を持つ手」
マグリット「光の帝国II」
平山郁夫「月明の砂漠」

さらに、クリムト「北オーストリアの農家」を題材に、ネットで募った優秀作も収録。

怖いもの、面白いもの、うまい!と膝を叩いてしまうもの。
原稿用紙10枚前後の作品を読めば、今までとは違った視点で絵画を見ることもできるはず。

不思議と驚きに満ちた美術館を、どうぞお楽しみください。