集英社文芸単行本<br> 原爆 広島を復興させた人びと

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,760
  • Kinoppy
  • Reader

集英社文芸単行本
原爆 広島を復興させた人びと

  • 著者名:石井光太【著】
  • 価格 ¥1,584(本体¥1,440)
  • 集英社(2018/10発売)
  • ポイント 14pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

1945年8月6日午前8時15分、B29から投下された一発の原子爆弾が、広島を死の町に変えた。残留放射能に満ちた市内に通い、原爆症になりながら、その悲劇を記録して後世に残そうとする人物がいた。のちに広島平和記念資料館の初代館長となる長岡省吾である。被爆直後の広島には、彼をはじめとして“原爆市長”浜井信三、世界的建築家・丹下健三など、様々な人たちが集まり、「75年は草木も生えぬ」と囁かれた廃墟の町を、命を懸けて平和都市へと蘇らせた。世界平和を願い、広島に奇跡の復興をもたらした歴史に迫る、感動の群像ノンフィクション。

目次

プロローグ
第一章 原爆投下
第二章 破壊の痕跡
第三章 広島平和記念資料館
第四章 悲劇を継ぐ
第五章 原子力の平和利用
第六章 原爆ドーム
エピローグ
あとがき
引用注一覧
主な参考文献