新発田と安兵衛

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,080
  • Kinoppy
  • Reader

新発田と安兵衛

  • 著者名:宮本徹【著】
  • 価格 ¥540(本体¥500)
  • 東洋出版(2018/09発売)
  • ポイント 5pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

今なお語り継がれ日本人に愛されている「赤穂浪士の吉良邸、討ち入り(忠臣蔵)」。この史実を、堀部安兵衛と大石内蔵助のふたりに焦点をあて、それぞれの視点から「赤穂浪士の吉良邸、討ち入り」を描いた新たな試み。同じ事象でもそれぞれの視点から描くことで、新たな歴史の魅力“解釈の多様性”に出会える。本書ではここに「柳沢吉保の責任」を加えることによって、元禄文化の特徴や時代背景も知ることができる。大人はもちろん、小学校高学年から中学生、また歴史が苦手な方でも読めるわかりやすい表現に加え、巻末の「元禄・正徳クイズ」で最後まで楽しめる!

【著者略歴】
1960年 新潟県魚沼市(小出地区)に生まれる
1979年 新潟県立新発田高校卒業
1984年 中央大学経済学部卒業
大学卒業後、予備校業界入り活動を開始。「早稲田の神様」と呼ばれ早大受験指導で実績を残す。また、某アイドルグループA
の「S・S」に似ていることから、女子生徒の人気を独占している。
現在、塾講師のかたわら、執筆活動中。

目次

【新発田と安兵衛】
新発田
弥次右衛門の死
安兵衛、新発田を去る
馬庭
中山道場
菅野六郎左衛門
高田馬場の果し合い
堀部弥兵衛
松の廊下
吉良の動き
決断
討ち入り
【大石内蔵助の苦悩】
生類あわれみの令
刃傷事件
大石内蔵助
苦悩
内匠頭の本心
急進派
吉良邸へ
【柳沢吉保の責任】
徳川綱吉
柳沢の出世
徳川光圀
小谷左兵衛
柳沢と吉良
柳沢吉保の責任
【元禄から正徳へ】
【元禄・正徳クイズ&解答】