山口組三国志 織田絆誠という男

個数:1
紙書籍版価格 ¥990
  • Kinoppy
  • Reader

山口組三国志 織田絆誠という男

  • 著者名:溝口敦【著】
  • 価格 ¥990(本体¥900)
  • 講談社(2018/09発売)
  • ポイント 9pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784065131299

ファイル: /

内容説明

いま、日本最大の暴力団で何が起きているのか? 分裂、再分裂を繰り返す山口組が抱える「恨みつらみ」の相克30年史と若き改革者・織田絆誠任侠山口組代表の実像と野望に迫った、著者だけが書けるヤクザルポの極北!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

CTC

5
9月の講談社+α文庫新刊。単行本は昨年11月。溝口さんの新刊!とタイトルすらちゃんと確認せずに購入してしまった。あまりに単行本から間がないので、両者の関連を考えもしなかったのだ。家に帰ってがっくりしたが…読んでみると不思議なことに非常に面白い。加筆改編もあるだろうが、前回読み飛ばしていたのかなぁ…。しかし著者のこのジャンルでの著作の充実ぶりは群を抜いているし、任侠山口組 織田絆誠代表のお話は筋が通っていて唸らざるを得ない。堅気の仕事でも筋を通すのは中々難しい訳で、本当に漢が惚れるのもわかります。2018/09/28

kinghaya

1
★ いま、起こっているあちらの世界の状況を知るにはいいかもしれない。しかしながら、漢の世界でも、現代病に悩まされているのが面白い。一般的な企業の内情にもあてはまるとは思う。しかしながら、不思議な世界。2018/12/15

にやり2世

0
そもそもどういう存在意義を持つ団体なのか、どういう意志で属しているのかをあらためて考える人がいると知っただけでこの本を買った甲斐があった。抜け出る側が同じ組名にこだわる理由がやっと分かった。五代目の印象薄い理由も分かったし。そもそもといえば、基本的人権って法律の前提にあるはずだよなぁ。2020/07/29

こちょうのユメ

0
一般人が知らないヤクザの世界をのぞくことができる。6代目・神戸・任侠の各山口組についての成り立ちや勢力情勢、内紛を書いている。著者はジャーナリストとして長いこと暴力団をウォッチングしているからだろう。面白いのは司組長や井上組長に対してヤクザすごろくのアガリ、これからの組織の理念やヴィジョンを持たない暗愚の帝王としてみている。ゆえに任侠の織田代表をこれからの新しいヤクザとして注目しているのだ。ヤクザ世界も色々な問題を抱えているのだね。2020/02/17

starlive

0
同じ内容が繰り返し出てくる。一般の会社でも抱えてそうな問題があって面白い。2018/10/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13130955

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。