1992年の「精神薄弱」用語問題

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,728
  • Kinoppy

1992年の「精神薄弱」用語問題

  • 著者名:鶴田一郎
  • 価格 ¥1,728(本体¥1,600)
  • 大学教育出版(2018/09発売)
  • ポイント 16pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

知的ハンディキャップを持つ人をどう呼称するかは、議論が途絶えることはない。戦後 の知的障害児教育を継承してきた一人である伊藤隆二教授の「この子らは世の光なり」と するという思想を、1992年に集中した「精神薄弱」用語問題中心に考察する。