強くて優しい会社 - 人と組織の潜在能力を活かす、現場の人事デザイン

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,628
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

強くて優しい会社 - 人と組織の潜在能力を活かす、現場の人事デザイン

  • 著者名:末永春秀
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • クロスメディア・パブリッシング(2018/07発売)
  • 2月最後の週末!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント30倍キャンペーン(~2/28)
  • ポイント 420pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

強い会社とは、社風が伸び伸びとしていて社員の仕事に主体性があり、しっかりした価値観を持ち、結果として利益を出し続け、社会になくてはならない存在となっている会社である。
そして優しい会社とは、人材を大切にし、難しいことも力を合わせて乗り越える一体感があり、働きがいを感じることができる会社である。

本書では、経営論として「人事」を取り上げた。
会社は人が集まってつくられているものであり、経営のさまざまな問題の根幹はすべて「人」にある。
しかし、いま「管理者になりたくない」「募集をかけても人が採れない」「すぐに辞めてしまう」といった人事を取り巻く環境は劇的に変化している。
この動きにほとんどの会社がついていけていない上に、この変化は、これからさらに大きくなっていく。

こうした大きな変化に対応するためには、経営の現場で活かせる人事の考え方と仕組みを再構築する必要がある。

本書では、「経営理念」「人事考課」「人材育成」など7つのフェーズ(側面)からなる仕組みを活用して、管理者が社員一人ひとりに応じた人のマネジメントを行う「現場の人事デザイン」を提唱。
その効果として「現場の人事力」を上げ、「強くて優しい会社」を実現するための方法を解説する。