角川ソフィア文庫<br> 怪談牡丹燈籠・怪談乳房榎

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,036
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川ソフィア文庫
怪談牡丹燈籠・怪談乳房榎

  • 著者名:三遊亭円朝【著者】
  • 価格 ¥1,036(本体¥960)
  • KADOKAWA(2018/07発売)
  • 敬老の日!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン(~9/16)
  • ポイント 225pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

こまげたの音高くカランコロンカランコロンと……江戸は根津の清水谷に住む、若い美男の浪人・萩原新三郎のところへ、旗本の娘のお露と女中のお米が毎夜通ってくる。新三郎が悪い女に騙されては困ると、家来同様の伴蔵が、ある晩、新三郎の家を覗いてみると、彼が楽しげに語らうのは2人の「幽霊」であった。お露と新三郎の悲恋の結末とは!? 落語の神様による怪談噺の最高傑作。他に「怪談乳房榎」を収録。解説・堤邦彦