ヤングキングコミックス<br> 髑髏は闇夜に動き出す

個数:1
紙書籍版価格 ¥649
  • Kinoppy
  • ポイントキャンペーン

ヤングキングコミックス
髑髏は闇夜に動き出す

  • 著者名:TETSUO【著者】
  • 価格 ¥550(本体¥500)
  • 少年画報社(2018/07発売)
  • 今日はサイバーマンデー!Kinoppy 電子書籍 全点ポイント30倍キャンペーン(~11/29)
  • ポイント 150pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784785962418

ファイル: /

内容説明

身寄りのない老人の前に不意に現れた隣人一家。一家の優しさに触れ、始めて家族をもったような幸福を味わったのも束の間、一家が何者かに殺された。失うものはもう何もない老人が復讐の鬼と化す!ダークバイオレンスストーリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

近藤

18
89歳のガン患者の復讐劇。一冊にまとめるためか多少話を駆け足にした感はあるが、筋が分かりやすく登場人物の心情がダイレクトに伝わってきて深く没入できた。主人公が殺人者として覚醒するシーンの迫力は、それまで地道に積み上げてきた心象描写のおかげで鳥肌ものだった。全体の流れはダークな雰囲気ながらも正統派で、多少漫画的な戦闘描写はあるが堅実な面白さを保っている。昨今の邦画監督が好きそうな話。実際映画化されそう。2018/07/11

t_nashi

4
孤独な老人による復讐劇。何かの大どんでん返しとかがあるわけではないが、主人公の怒りの高まりと執念・復讐の徹底ぶりは読んでて力が入ってしまう。一巻完結でさくっと読めて終わり方もすっきりしてて良い。2018/10/02

ぴよ(toyoneko)

3
ツイッターで1話を読んで(https://twitter.com/inuiyoshihiko/status/1232630803273617408?s=20)、コミック購入。爺さんが復讐する話。それだけ。深みも何もあったもんじゃないが、そういうシンプルな話でいいじゃないか、と最近は思う2020/02/29

female_beetle

2
内容や1話のサブタイトル見るに、やっぱケッチャムの『老人と犬』リスペクトなのかしらね。2018/10/15

はむいち@さっぽろ

2
全1巻なので購入。テンポ良かったです。復讐の鬼、というのはこういう人なのでしょうか。2018/07/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12929178

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。