講談社青い鳥文庫<br> 打順未定、ポジションは駄菓子屋前

個数:1
紙書籍版価格 ¥715
  • Kinoppy
  • Reader

講談社青い鳥文庫
打順未定、ポジションは駄菓子屋前

  • ISBN:9784065120972

ファイル: /

内容説明

「バッチ、こ~い!」ぼく、春日温(かすがあつし)。中学2年生。みんなからは「ヌク」と呼ばれている。背は低くて力もないけど、野球は大好き。そんなぼくのポジションは、『駄菓子屋前』。フェンスを越えて飛んでくるファールボールを、駄菓子屋の前でくい止めるのが、ぼくの役目だ。そしてぼくの定位置には、いろんな人がやってきて――。万年補欠のヌクの奮闘ぶりを描く、ハートウォーミングな青春ストーリー!

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ユメ

35
駄菓子屋前。普通なら腐ってしまうポジションだけれど、ヌクは人一倍の情熱を持っていつ飛んでくるかわからないボールに備えている。彼が「バッチ、こー!」と律儀に声を張り上げるたび、その愚直な姿が胸を突く。そんなヌクに関わった人たちが少しずつ変わってゆくのもいい。とりわけ、直樹をはじめとする野球部の友情にやられた。これはかつて女の子だった人間の幻想かもしれないけれど、男の子には絶対に女の子には真似できない友情があると思っていて、それがまさにこの物語の中で輝いている。そして、謎の人物「鈴木さん」の正体がまた心憎い。2018/08/30

スノーマン

23
YAアンソロジーの中の一編が気に入っていた。図書館で続きがあるんだ!と知りとても嬉しかった。時々こういう本の出会いがあると棚を巡るのが癖になる笑 ヌクは野球が好きだから、ポジションが駄菓子屋前でもバッチコイ!(バッチの意味、初めて知った)本来好きなことに打ち込むって、そういうことだろう。他人と比べたり欲が出たり、諦めたりしてしまった自分を思い出し、反省。ハルも中1女子にしては天真爛漫過ぎるが、こういう女の子が成長してどんな風になるのかが楽しみ。まだまだヌクたちの成長を追ってみたいので、続編希望。2019/05/22

そうたそ@吉

23
★★★★☆ 中学二年生の春日温は野球大好きだが部活では万年補欠。フェンスを越えて飛んでくるファウルボールを駄菓子屋目で食い止めるというポジション。そんな温のポジションのもとには様々な人が訪れて――。シンプルに面白い!そんな作品。ミステリが多いはやみねさんだが、これは非リア充系青春ストーリーとのこと。でもどこか懐かしさを感じるような内容。野球好きだけど、野球はそんなにうまくない。そんな人多いだろう。でも竹箒でゴムボールを打つ、独自のルールを作り少人数でとりあえず野球っぽいことをする。それが楽しいんだよな。2018/07/30

ひなた*ぼっこ

10
万年球拾いの野球少年ヌク。ポジションはグラウンド外の駄菓子屋前。それでも野球が好き。別に上手くなくても好きだと言っていいんだ。野暮ったいくらい純粋なヌクが周りに青春の楽しさを思い出させてくれる。あとがきにある、下手の横好きが似合うに納得。だからはやみねかおるが好きだ。2021/05/29

UK

7
実は、初めて読んだはやみね作品が、この物語だ。小学校低学年の頃、はやみね作品と知らずに読んだが、内容が妙に印象に残っていて、後からそうと知ったのを鮮明に覚えている。今回の単行本では新たに2つの短編が書き下ろされていて、昔の記憶を呼び起こしながら楽しむことができた。好きだからやる、というのがどれだけ大切で、どれだけ難しいことか。年齢を重ねるごとに、本当にやりたいことを見失ってしまう人が多いのではないか。本当に、はやみね作品を大きくなってから読むと、大切な何かに気づかされる。2020/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12835394

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。