いろごと

個数:1
紙書籍版価格 ¥1,430
  • Kinoppy
  • Reader

いろごと

  • 著者名:加藤千恵
  • 価格 ¥880(本体¥800)
  • 文友舎(2018/06発売)
  • ポイント 8pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784821143979

ファイル: /

内容説明

Ginaで連載していた「いろごと」がついに書籍化! 人気イラストレーターのmiccaさんが描きおろしたイラストをフルカラーでお届け。中心となるのは女の子なら誰もが共感できる、甘く切ない恋愛の話。揺らぎや別れ、片思い、未練、報われない想い、新しく踏み出そうとする一歩……さまざまな恋の結末に胸が締め付けられます。切なさが募る冬にピッタリな一冊に仕上がっています。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

❁かな❁

123
加藤千恵さんの作品を読むのは6作目。ファッション誌で連載されていた色をテーマにした短歌とショートストーリー20。絵はイラストレーターのmiccaさん。加藤千恵さんらしい、切なくて苦しい恋愛が描かれています。報われない想いの数々に胸が痛くなりましたが好きな人がいると切ない想いもしますが恋する気持ちで心が温かくなることもあるし、とても素敵なことだと思います☆お話はすごく短く淡々と描かれていますが、とてもリアルで等身大の女性を描くのが上手いです。どの女の子も応援したくなり次は幸せな恋愛してほしいなと思いました♪2015/01/04

優希

86
色事。漢字で書くと色っぽくなる言葉。20色の色彩と短歌、ショートストーリー。全てが綺麗に混ざり合い、独特の雰囲気を出しているのがおしゃれだなと思いました。所々に挟まれたイラストも素敵。移動時間などに読むのにいいかもしれませんね。2019/02/05

55
ショートストーリーで、すべて色にまつわる切ないエピソード。なるほど、ファッション誌での掲載作品集だからかと納得です。1作品ごと挿絵付きで可愛い。いろごとというタイトルだけにカラーの挿絵です。1作品2.5ページですぐ読めます。今回も主人公は救われない。好きな人には相手がいるとか、長年の恋人と破局するとか、自分も主人公になったかと思うぐらいどんよりした気持ちになれます。でもちょっとずつでも前に進んでってほしいなぁと応援したくなる女性像ばかりです。2014/12/20

はな

34
いろごと。色事。漢字で書くと色っぽい。ファッション誌で連載されていた、色をモチーフとした加藤千恵の短歌・ショートストーリー+miccaのイラストで綴られる20色の短編集。少し細身のサイズのオシャレな装丁で中身もカラフルで可愛い。前向きな話はほとんどなく、過去に想いを残したままだったり、現実を目の当たりにしてしまったり、ほろ苦いものばかり。色や匂いって、ふっと記憶を刺激されることがある。良いことも悪いことも。女性ならきっとどれかひとつは共感するものがあるはず。ひとつひとつがとても短いので移動時間におすすめ。2018/12/12

アコ

34
20篇のショートショート集。『いろごと』とは色の話だから、そして男女間の恋愛に関する色事という意味を含んでいるとのこと。(あとがきより)なかなかツラい恋模様が多く切ないものの主人公たちの若さに救われ「まだ若いんだから平気よー!」と励ます30代の自分がいたり。そして「そういやこういう話、昔あったぞ?orどこかで聞いたぞ?」という身近さも。小説の前に短歌が添えられており、短歌を読み小説を読んで再び短歌とイラストを味わう、というスタイルで読んだ。イラストは昔から大好きなmiccaさん。2015/01/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8968414

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。