角川つばさ文庫<br> おおかみこどもの雨と雪(角川つばさ文庫)

個数:1
紙書籍版価格 ¥726
  • Kinoppy
  • Reader

角川つばさ文庫
おおかみこどもの雨と雪(角川つばさ文庫)

  • ISBN:9784046312488

ファイル: /

内容説明

お母さんの「花」、雪の日に生まれた姉の「雪」、そして雨の日に生まれた弟の「雨」の三人家族には人には言えない秘密があった。二人の子どもたちのお父さんは、じつは、おおかみおとこだったのだ…。【小学上級から ★★★】

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

扉のこちら側

54
初読。2015年854冊め。カドフェス2015のために購入…したところ中身は文庫版の漢字にルビ振っただけという。。少し改変されてたりするのかと思ったのですが。カドフェス2015で購入したつばさ文庫は後ほど友人のお子さんに譲る予定だから、まあよいか。2015/07/22

シグマ

23
弟が持ってた。時間経過で見せる表現がいかにもアニメーションらしい。おおかみおとこがデスノートのL、雪が綾波にみえる挿絵…。2013/12/26

まいん

13
映画も本も好き。2019/07/07

つなで

13
子供向けと油断して観た映画が思った以上に良かったので、娘に本を借りました。雨が自分の生きる道を選び、巣立っていく場面が切なくて、母親としての花の叫びに感情移入してしまいました。育児中のお母さんに読んでもらいたい一冊。2014/11/29

風里

13
花の立場で読むと泣けた。 雨も雪もちゃんと成長してくれた。 誰かを思う気持ちは尊くて、重い。2012/11/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/5194397

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。