角川文庫<br> バケモノの子

個数:1
紙書籍版価格 ¥616
  • Kinoppy
  • Reader
  • ポイントキャンペーン

角川文庫
バケモノの子

  • 著者名:細田守【著者】
  • 価格 ¥616(本体¥560)
  • KADOKAWA(2018/06発売)
  • 近づく夏!Kinoppy 電子書籍・電子洋書 全点ポイント25倍キャンペーン ~5/22
  • ポイント 125pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784041030004

ファイル: /

内容説明

この世界には、人間の世界とは別にもう1つの世界がある。バケモノの世界だ。ある日、ひとりぼっちの少年がバケモノの世界に迷い込み、バケモノ・熊徹の弟子となり、九太という名前を授けられる。その偶然の出会いが、想像を超えた冒険の始まりだった――。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ミカママ

475
読メのTLで気になっていたこちら、アニメーター出身だという初読み作家さん。非常にビジュアルに訴えかけてきて、元気がもらえる。同じく漫画家の友人が「ネームならいくらでも書けるんだよ、それを漫画にするのがもう面倒」って(笑)小説書き始めたけど、そういうことなんだな。舞台がこの夏も歩いた、古巣の渋谷だったのもうれしい。2019/08/13

yu

151
読了。 人間の世界からふとしたことがきっかけで、異世界(バケモノの世界)に足を踏み入れた少年。熊徹に弟子入りし、九太と名付けられる。熊徹と九太の生活は、いがみ合いながらも、知らず知らずにお互いを成長させる存在でもあり、なくてはならない存在となっていく。 結末はなんとなく見えてしまうけれど、やはり涙なくして読めなかった。 細田さんの映画は見たことないけど、「おおかみこどもの雨と雪」といい、泣かされる。いつか映像でも見て号泣しよ。2016/06/15

やま

123
【カドフェス2015】平易な文章で読みやすく、面白い。逆に奥深さはないが、それはそれでいい。人間の世界とは別の世界「渋天街」でのひとりぼっちの少年とバケモノの物語。奇妙な設定だが、基本的にストーリーはオーソドックス。人間とバケモノの間にも絆は描かれ、なんともいい話。ぜひとも映画のほうも見てみたい。2015/07/07

優希

107
絆というものを強く感じました。人間の世界からバケモノの世界に迷い込んだ少年が、九太という名を与えられ、熊徹のもとで成長していく様子には疑似親子ならではの関係が見えました。奇妙な師弟関係の2人はぶつかり合いながらも修行を重ねていく様子に、不器用な歩み寄りを感じます。血の繋がりがなくても家族に慣れるんですね。バケモノと人間の間で揺れていた九太が蓮に戻り、人間の世界で生きることを選びますが、バケモノの世界で得た様々な経験はこれからの道で活かされていくことでしょう。映画も見てみたくなりました。面白かったです。2015/09/11

りゅう☆

104
再びあの幻想的な映像が蘇る。内容は映画とほぼ一緒ですね。熊鉄や九太たちに会え、この世界に再び入れたことが嬉しい。熊徹の弟子となった九太。憎まれ口を叩き合う関係だが認め合い、二人の中で大きくなっていったそれぞれの存在。「九太は愛おしい目で熊徹を見つめ、熊徹も誇らしそうに九太を見た」この言葉に胸いっぱい。逞しく成長した九太の決心と感謝の言葉に多々良のようにポロポロ泣けてきた。「あいつの胸の中の足りないものをオレが埋めてやる」という熊徹の思いの深さにも感動。でも映画を観てたからこそ、感動もひとしおだったかも。2016/04/30

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9723294

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。