幻冬舎新書<br> 日本の醜さについて 都市とエゴイズム

個数:1
紙書籍版価格
¥880
  • 電子書籍
  • Reader

幻冬舎新書
日本の醜さについて 都市とエゴイズム

  • 著者名:井上章一【著】
  • 価格 ¥836(本体¥760)
  • 幻冬舎(2018/05発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはご注文内容確認画面でご確認下さい)
  • ISBN:9784344984981

ファイル: /

内容説明

個人主義で自己主張の強い欧米人とくらべ、日本人は集団主義的で協調性があり、「和をもって貴し」とする民族だと言われてきた。しかし、ひとたび街に目をむければ、それはまちがいだと気づく。利権まみれで雑多な東京。くいだおれ太郎やかに道楽など人形だらけで幼稚な大阪。“千年の都”と称されながらスクラップ・アンド・ビルドをくりかえす京都。ローマと東京、ヴェネツィアと大阪、フィレンツェと京都――街並をくらべるかぎり、近代化に成功し、本物の自由を勝ちとったのは欧米ではなく日本なのだ。都市景観と歴史が物語る、真の日本人の精神とは?

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

zag2

24
日本の都市景観や住宅地の景観をみると、個々の建物の自己主張が強い。欧米の建築は街の外観と調和する形だが、日本では「めだちたがり」である。「日本の都市建築はまわりの空気を読もうともしない」といったことから、日本人は空気を読み調和を重んじるというが、真の日本人の精神は違うのだ、というのが本書のテーマ。なるほど、そんな見方もあったのかと妙に感心しました。なるほどと思う一方で、では社会生活では集団主義的で協調性があるみえるのはなぜなのか、もう一段掘り下げてみたい感じがしました。2022/03/02

香菜子(かなこ・Kanako)

22
日本の醜さについて 都市とエゴイズム。井上 章一先生の著書。日本が集団主義的で協調性があるなんて幻想で妄想。個人主義で自己主張が強い自分勝手で利己主義だらけの日本。個人主義で自己主張が強い自分勝手で利己主義だらけだから日本の街は醜くなった。日本の街は醜さと日本人の個人主義で自己主張が強い自分勝手で利己主義だらけである現実から目をそらさないことがはじめの一歩。2023/08/18

niisun

16
冒頭「突拍子もないと思われそうなことを、これから書く」と始まるが、それ以前に書きたいことが不明。坂口安吾の『日本文化私観』批判を章立てしてまで書いているということは日本文化に対する新機軸か?とも思うがそうでもなく、欧州の街並みと日本のそれを比較して、日本人は個人主義だと言ってみたり、イタリア人は日本人と違って戦禍から古代都市を守るために早期に降伏したと言ってみたり。無頼派の小説家が書いたエッセイ(日本文化私観)ではなく、研究センターの教授の新書なんだから、感じたことばかりでなく、もう少し論拠がないとなぁ。2018/06/14

阿部義彦

15
「霊柩車の研究」の井上章一さんが拘るのは今回は都市景観、建築物にまつわる日本の美意識が主題です。イタリアを反面教師としていますがローマの遺跡や文化遺産を守るために無防備都市宣言をして速やかに降参したイタリア、それに反して何よりも安全を第一に考えて、醜いペデストリアンデッキや柵を張り巡らす、余計なお節介文化の日本。外国人は歩道橋やペデストリアンデッキをみて呆れて、あんなもの喜んで利用する馬鹿が日本人なのか?ヴェネツィアなんて運河沿いにわざわざ手摺なんてなくて全部剥き出しでそこを跨いでます。結局美意識なのか!2018/08/21

kenitirokikuti

12
書き下ろしではなく、雑誌連載されたエッセイ。井上氏は著作『つくられた桂離宮神話』が坂口安吾「日本文化史観」と比べられることを嫌がっており、後半でページを取って論じている。「文化史観」を読み直してみると、確かに井上の方が正しく、安吾は建築の知見がいい加減である。バラックが増えたのは、鋼材が民間建築に流れることを政府が嫌ったからだという事情を初めて知った。2018/07/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12887849
  • ご注意事項