幻冬舎新書<br> 日本の醜さについて 都市とエゴイズム

個数:1
紙書籍版価格 ¥864
  • Kinoppy
  • Reader

幻冬舎新書
日本の醜さについて 都市とエゴイズム

  • 著者名:井上章一【著】
  • 価格 ¥820(本体¥760)
  • 幻冬舎(2018/05発売)
  • ポイント 7pt (実際に付与されるポイントはお支払い画面でご確認下さい)

ファイル: /

内容説明

個人主義で自己主張の強い欧米人とくらべ、日本人は集団主義的で協調性があり、「和をもって貴し」とする民族だと言われてきた。しかし、ひとたび街に目をむければ、それはまちがいだと気づく。利権まみれで雑多な東京。くいだおれ太郎やかに道楽など人形だらけで幼稚な大阪。“千年の都”と称されながらスクラップ・アンド・ビルドをくりかえす京都。ローマと東京、ヴェネツィアと大阪、フィレンツェと京都――街並をくらべるかぎり、近代化に成功し、本物の自由を勝ちとったのは欧米ではなく日本なのだ。都市景観と歴史が物語る、真の日本人の精神とは?